ささみさん@がんばらない9(ガガガ文庫)

2012年12月08日 10:41


ささみさん@がんばらない 9 (ガガガ文庫)ささみさん@がんばらない 9 (ガガガ文庫)
(2012/09/19)
日日日

商品詳細を見る

アニメのPVも続々公開され、日増しに期待が高まる「ささみさん@がんばらない」シリーズ。
今回はヴィシュヌが敵になって、ささみさんの過去を改変!?
過去で、情雨と玉藻前が見たものとは。
ささみさん@がんばらない」(日日日著/ガガガ文庫
作品紹介

遠い昔の、約束。あなたとあたしのーー。

瀕死のガルーダに誘われて、過去の世界を覗くことになった情雨と玉藻前。
そこは、ささみさんが「リア充」を目指してアルバイトを始め、お兄ちゃんがハーレムラブコメに巻き込まれる、あってはいけない過去だった!!
「破壊神」シヴァと化し、歴史を改変して過去に介入しようとするインド神話の最高神、ヴィシュヌの本当の願いとはーー。
時空を超えて活躍する情雨と玉藻前が目の当たりにする、遠い約束の物語。

イラストは小説『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』のイラストレーションをはじめ、アニメ『夏色キセキ』、ゲーム『アーシャのアトリエ ~黄昏の大地の錬金術士~』のキャラクター原案なども手掛ける左。

TBS、BS-TBSにてアニメ化されることも発表された話題作です!

☆ ささみさんがんばる! でも、それは改変された過去をで!?

正直ここ最近は、奇をてらいすぎて、何がなんだかよくわからなくなってたこのシリーズですが、今回は割とストレートな話…だったような気がする。 ささみさんは「がんばらないこと」を宿命づけられた存在だったのか…。 最近はあんなに前向きになってきたのに(笑)。
今回は実質、情雨と玉藻前が主人公でしたね。 口では色々言いながらも、なんだかんだで、ささみさんに優しい情雨ちゃんマジツンデレ。 そんな彼女は、今回「破壊神」シヴァとなったインドの最高神・ヴィシュヌが歴史に介入しようという企みを阻止するため、ささみさんのターニングポイントとなる過去にタイムスリップ。 ホント、このシリーズ、何でもありすぎて、感覚が麻痺しそうです。
ささみさんがバイトを始める展開が許されないとか、つくづく彼女は健全な道が歩めないようになってるんだな~と実感(笑)。 お兄ちゃんも3姉妹とハーレムラブコメ状態になってたり、改変された世界の方が平和に見えちゃうのが辛いところ。こういう世界もあり得たかもしれないわけですが、現実は残酷です。

今回は初めてヴィシュヌの過去が明かされ、彼女のふざけた態度の裏に隠された、悲しき物語が語られるます。
いかにも大時代的な、というかインドらしい(?)展開が待っていますが、あまりにもささみさんの過去パートと違いすぎて、この部分だけ浮いちゃってるフシがあります。 それはしょうがないんですけど。
結論としては、ヴィシュヌの方にもいろいろ事情はあるんだよ、ということで。

しかし、もう物語が終盤に差し掛かっているのはわかっているけど、一体月読日留女との対決がどういうオチになるのか見当もつかないです。 なんか描写を見ていると無尽蔵に強くなっていくという、いかにもラスボスっぽい設定がくっついてますが、ささみさん側はどういう対抗措置を取るのでしょうか?

☆ アニメは、2013年1月から放送開始!

さて、アニメ放送開始まで、1ヶ月を切りましたが、この作品がどういうふうに受け入れられるのかは、非常に気になるところ。 制作がシャフトなんで、また奇をてらった演出で楽しませてくれるとは思うんですが、不安要素としては、連続する超展開に、視聴者が置いてかれるのではないかという点。 でもこの作品の場合、映像で見せてくれた方が、かえってわかりやすいかもしれない。
とにかく始まってみないとなんとも言えないんで、期待しつつ待ちたいと思います。

総評

9巻読んだばかりだというのに、もう10巻が出るみたいですね。
どんどんクライマックスが近づいてますが、はたしてどんなことになるやら…。

ささみさん@がんばらない8 感想
ささみさん@がんばらない7 感想
ささみさん@がんばらない6 感想
ささみさん@がんばらない5 感想
ささみさん@がんばらない4 感想
ささみさん@がんばらない3 感想
ささみさん@がんばらない2 感想
ささみさん@がんばらない 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/980-dd3b1a3c
    この記事へのトラックバック