--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デート・ア・ライブ5 八舞テンペスト(富士見ファンタジア文庫)

2012年10月25日 22:33

デート・ア・ライブ5  八舞テンペスト (富士見ファンタジア文庫)デート・ア・ライブ5 八舞テンペスト (富士見ファンタジア文庫)
(2012/08/18)
橘 公司

商品詳細を見る

アニメいつやるのかな~? ってことで、またしても新たな精霊登場。 しかも二人。
今回は琴里のサポートが受けられない島での修学旅行! なのでイベントも肌色分多し。
デート・ア・ライブ5 八舞テンペスト」(橘公司著/富士見ファンタジア文庫
作品紹介

夏休み前の七月一七日。来禅高校の修学旅行で或美島を訪れた五河士道は二人の精霊と遭遇する。「最後の決闘だ!この男―士道を、先に落とした方の勝ちだ!」「承諾。―その勝負、受けて立ちます」どちらが真の精霊かを争う八舞、耶倶矢と夕弦。彼女たちの裁定役に選ばれてしまった士道は令音に相談するのだが…。「…今回、私は、君をデレさせる。だから君はその上で二人をデレさせてくれ」謎の通信障害によって“ラタトスク”のサポートは受けられない状況の中。すれ違う二人の精霊の過酷な運命を覆すため、デートして、同時にデレさせろ!?―。

☆ ラタトスクのサポート無し!? 新たな精霊を二人同時にデレさせろ!

だんだん士道の周りがハーレム化していってる気がするこのシリーズ。
精霊は少なくとも10人ぐらい出てくるでしょうから、揃ってきたらかなりの大所帯になりそうです。

今回は士道たちの修学旅行&新たな精霊・耶倶矢と夕弦の攻略回。 いや攻略される回と言うべきか。
とにかく耶倶矢と夕が士道にくっつきまくる。 十香と折紙さんそっちのけで。 よくこの二人が怒らないもんだと思いますが、これも攻略のため仕方がない。 これから、こういう壁を殴りたくなるような展開が増えるんだろうな。というわけで、外でもイチャイチャ、旅館でもイチャイチャ、温泉でもイチャイチャ。
それはともかく新キャラの耶倶矢と夕弦、それぞれキャラが立ってていいですね。耶倶矢は今流行の中二病キャラ。 なんだけど、「はがない」の小鳩のように、途中で素が出ちゃうところが卑怯だな~。
対する夕弦は綾波レイ系の口調ながら、押しの強さでは耶倶矢に負けてない。 耶倶矢よりも、出るところは出ちゃってる体で、士道に迫りまくります。
なんだかんだで、3人目の新キャラ・エレンも登場。 冷徹なキャラかと思いましたが、生徒達にいいようにあしらわれてるちょっとイイ人系の敵キャラ。 彼女の所属する新たな組織も出てきて、このシリーズのフラグの乱立ぶりがちょっと心配になってきました。
でもここ最近、ハードな展開が続いていたので、休憩の意味ではちょうどよかったかも。 きょうぞうさんといい、琴里といい…琴里といえば、最後にまた気になる発言をしていましたね。
また次回波乱がありそうな予感。

☆ 本当に精霊10人もでてくるのか?

精霊達の名前に漢数字が入っているのは、何か意味があるのでしょうか?
今の所出ているのは、十香、四糸乃、狂三、五河、八舞。 次回またまたまた新キャラ・美九が出てくるらしいので、あと出てないのは、一、二、六、七ということになりますね。
しかしこれだけ多いと、キャラ付けするの大変じゃないか? アニメもあるし、橘先生はこれから頑張り時ですな。

総評

なんだか最近こういうラブコメ読む機会が減ってきている気がする。 自分の好みの変化もあると思いますが、それだけこのジャンルに興味がなくなってきているのでしょうか? なんだかそれはそれで、自分が確実に年を取っていることを自覚させられますね…。

デート・ア・ライブ4 五河シスター 感想
デート・ア・ライブ3 狂三キラー 感想
デート・ア・ライブ2 四糸乃パペット 感想
デート・ア・ライブ 十香デッドエンド 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/957-7f1cdb85
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。