--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロクロクロック 1/6(電撃文庫)

2012年10月23日 21:26

クロクロクロック1/6 (電撃文庫)クロクロクロック1/6 (電撃文庫)
(2012/08/10)
入間 人間

商品詳細を見る

記念すべき電撃文庫レビュー100冊目が、入間先生になってよかった! 新シリーズ始動です!!
拳銃を手にした6人の男女の運命は、どのように交錯するのか!?
クロクロクロック 1/6」(入間人間著/電撃文庫
作品紹介

黒田雪路―二十代前半の青年。殺し屋。拳銃の持ち主。依頼を受けて、女性陶芸家の暗殺を企み中、岩谷カナ―大学六年生(誤植ではない)。駄目人間。拳銃の持ち主。働くために外出中、首藤祐貴―高校三年生。気になっていた片想いの相手の後ろを追いかけ中、時本美鈴―小学六年生。顔立ちが整った少女。拳銃の持ち主。『嫌いな人』ランキングの六位を殺そうと街を徘徊中、緑川円子―陶芸家。頭には常にタオルな妙齢の女性。年齢不詳な、金髪青スーツな弟子と、個展会場に向かい中、花咲太郎―ロリコンな「閃かない探偵」。依頼され、なくしてしまった拳銃を捜索中―六丁の拳銃を巡って、六人の運命が、今転がり始める。衝撃の祝祭の幕が開いた。

☆ 拳銃を手にした6人の男女。 全6巻の入間流サスペンス!!

まずはじめに。 電撃文庫レビューが100冊になりました! よく頑張った自分(笑)。
といっても、別に何もしないんですが、とりあえず500冊レビュー特別企画がほったらかしなので、近日中になんとかしよう…。

で、今回の「クロクロクロック」。
入間先生というと、現在同レーベルで「トカゲの王」シリーズが刊行されてますが、はっきり言いましょう。
絶対「クロクロクロック」の方が面白くなる!!
だって拳銃を手に入れた男女の交錯するストーリ-を、マルチビューで描いたサスペンスなんて、面白くならない訳が無いでしょう。 一人ひとりのオムニバスというわけでなくて、お互いがどこかで繋がっていて、ある人物の影響が他の人物にも影響するというのがなんとも好み。 ライトノベルでこのようなサスペンス小説をやるなんて、入間先生本気だ。
それと入間作品を読み続けてきた人には、花咲太郎に再会するというサプライズ…というより「またお前か」といった感じですが、とにかく今回は花咲さんが大活躍するシリーズになりそうです。 ちなみに、事件を引き寄せる特異体質少女・トウキは声のみの出演です。
とりあえず、拳銃を手にした人たちの人物像がどれもこれもいいな~。 殺し屋、小学生、ダメ人間、ストーカー。どの人も拳銃渡したらダメですね。
とりあえず、初回にしていきなり拳銃ぶっぱなしてしまった首藤君が、この先どうなるのか大変気になります。 しかし痛いぞ、彼の思考が。 ストーカーでヘタレで厨二(?)なんて、重病過ぎるわ。 だからこそ、拳銃を撃ってしまったことで、彼がどこまで転落していくのか、ブラックな楽しみが尽きないです。
ホントにこれ読んでると、「トカゲの王」の変化球過ぎてカタルシスが殺されちゃってる能力者バトルがどうでもよくなってくるわ。 いやあっちもあっちで面白いですけど、こっちの方が奇をてらってない分、一般の人にもオススメできます。

☆ 全6巻予定。彼らの運命は…。

あとがきによると、全6巻予定らしいです。 タイムリミットがあった方ががサスペンスとしては盛り上がるでしょうから、これは正解。
でもこういう構成なら、6巻全て出てしまった後で、まとめて読んだ方が楽しめるような気がする(笑)。 う~ん、悩みどころです。
それにしても入間先生ってチャレンジ精神旺盛ですね。ライトノベルの枠に囚われないで書いてるところが好き。
「殺してやる」のところとか、過去の入間作品でも似たような表現があったけど、こういうの好きなんですよ。

あんまり間が開くと、内容を忘れそうなので、早く次巻が出てほしいです!!

総評

いや~入間作品でこんなに「早く次が読みたい」と思ったのは初めてかもしれない。
それに「アラタなるセカイ」の方も気になりますし。 入間ワールドがどんどん広がっているのをひしひし感じます。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/956-c409ac4d
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。