--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOSICKsⅡ―ゴシックエス・夏から遠ざかる列車―(角川ビーンズ文庫)

2012年06月12日 20:55

GOSICKsII  ‐ゴシックエス・夏から遠ざかる列車‐ (角川ビーンズ文庫)GOSICKsII ‐ゴシックエス・夏から遠ざかる列車‐ (角川ビーンズ文庫)
(2011/08/31)
桜庭 一樹

商品詳細を見る

「ゴシック」シリーズ短編集、第2弾。
アニメではやらなかった話が大半なので、新鮮な気持ちで楽しめました。
GOSICKsⅡ―ゴシックエス・夏から遠ざかる列車―」(桜庭一樹著/角川ビーンズ文庫
作品紹介

殆どの生徒がバカンスに出かけ、ほぼ無人の聖マルグリット学園。外出できないヴィクトリカと、彼女を思い学園に残った一弥は、二人っきりの夏休みを過ごすことに。二階の窓の外を横切る女、屋上から夜空へ消えた怪人、名画から抜け出した少女…。静かな学園で数々の謎を共に解き明かし、世界を語り合う二人の平和な時間は、やがてくる嵐と別離を知る由もない―。互いに距離が更に近づく「GOSICK」珠玉の短編集第2弾。

☆ 人のいない夏の学園で、少年と少女が二人。

「ゴシック」シリーズ短編集第2弾。
アニメが終わって、もうかなり経つけど、この巻の話って、グレヴィールの頭の成り立ちの話(だった気がする)以外は、ほとんどアニメではやらなかった話ばかり。 なので、実は結構楽しんで読みました。
何気九条君のお姉さんが出てきたりします。

第一話「仔馬のパズル
九条の元に届いた手紙。 ヴィクトリカが、九条の兄に出した問題に対する回答が帰ってきたのだ。
なんだか「頭の体操」にでも出てきそうな問題ですね。 学園に残った二人を見て、なぜかのび太君が頭に浮かんだのは内緒。
第2話「花降る亡霊
別荘に遊びに行ったアヴリルから届いた手紙。 そこに書かれていたのは、別荘でアヴリルが遭遇した“亡霊”に関する事件だった。 九条とヴィクトリカはこの謎に挑む―――。
わかってしまえば、何てことない謎ですが、意外な人物が犯人だったので、結構面白かったです。
「日常の謎」ではないけど、こういうミステリーの方が自分としてはとっつきやすいかな。

第3話「夏から遠ざかる列車
ヴィクトリカが偶然見つけた手紙。 その手紙が、セシル先生に過去の出来事を思い出させる―――。
まさかのセシル先生回。 「まさかの」はいらないか(笑)。
今回はサブキャラクターの掘り下げが良いですね。

第4話「怪人の夏
九条の姉・瑠璃から届いた手紙。 兄や父に反発する彼女は、吉良と名乗る青年に出会う。
その頃、街では黒マントの怪人が出没していた―――。
なんか江戸川乱歩の世界みたいな話。 とりあえず瑠璃さんが可愛いです。

第5話「絵から出てきた娘
村のいちばん大きな通り沿いで、“リボンの令嬢の肖像”という名の絵画が盗まれる事件が起きた。
真っ先に疑われた女は、盗まれた絵画に描かれた女性にそっくりだった―――。
タネを聞けば、おお、なるほど、と納得。 なかなか上手いですね。

第6話「初恋
グレヴィールの妻・ジャクリーヌが参加したオークション。 そこで彼女は何者かの視線を感じるのだが。
グレヴィールの頭がさらにすごいことに(笑)。

というわけで見たら分かると思いますが、手紙がとどく→ヴィクトリカ&九条が読むというパターンで構成されています。 ヴィクトリカのものぐさっぷりが分かる構成ですね(笑)。

☆ サブキャラの過去やら、事件やら。

今回はいつものレギュラーの意外な話やら、新キャラ・瑠璃の登場だったり、何気豪華な本作。
こういう話はもっと読みたいですな。

総評

今回もヴィクトリカのワガママっぷりと、ちょいミステリーで堪能しました。
次は本編の5巻。ヴィクトリカが失踪!?

GOSICKⅣ ―ゴシック・愚者を代弁せよ― 感想
GOSICKs -ゴシックエス・春来たる死神- 感想
GOSICKⅢ ―ゴシック・青い薔薇の下で― 感想
GOSICKⅡ ―ゴシック・その罪は名もなき― 感想
GOSICK -ゴシック- 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/886-41e3a180
    この記事へのトラックバック

    まとめtyaiました【GOSICKsⅡ―ゴシックエス・夏から遠ざかる列車―(角川ビーンズ文庫)】

    GOSICKsII ‐ゴシックエス・夏から遠ざかる列車‐ (角川ビーンズ文庫)(2011/08/31)桜庭 一樹商品詳細を見る「ゴシック」シリーズ短編集、第2弾。アニメではやらなかった話が大半なので、新鮮な気持ちで楽しめました。「GOSICKsⅡ―ゴシックエス・夏から遠ざかる列...




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。