アリス×アカデミィ -彼女のついたウソ-(GA文庫)

2012年06月05日 21:55

アリス×アカデミィ -彼女のついたウソ- (GA文庫)アリス×アカデミィ -彼女のついたウソ- (GA文庫)
(2012/04/16)
関 涼子

商品詳細を見る

同時発売の「ありす×ユニバース」と2冊で一つ。 コインの裏表のような作品。 面白そうなので手に取ってみた次第。
ウソの数が見える少年と、海賊船を操るとのたまう少女のボーイ・ミーツ・ガール。
アリス×アカデミィ -彼女のついたウソ-」(関涼子著/GA文庫
作品紹介

「おまえはこの剣の前に跪き、誓ったはずだ!生涯私の側を離れず、その身を私に捧げると!」朝の通学路。なぜか植え込みに頭から突っ込み倒れていた理事長の娘・西園寺ありすは、不思議な格好をして歩吹にそんなことを言い放った。アニメに出てきそうな、全身真っ白のスーツに、手には蒼い光を放つライトセ○バー(!?)を持って!しかも自分は海賊船を操る者だなどと、電波なことまで言い出したのだ。しかし、それは嘘ではなかった…。なぜなら歩吹には嘘の数が見えるのだから―。キャプテンを名乗る少女と、嘘の数が見える少年が出会ったとき、平行宇宙の扉が開く。

☆ 2冊同時刊行、平行宇宙ラブコメディ!!

2冊同時刊行で、一方がもう一方とコインの裏表のような関係になっている作品というと、ホラー小説好きの自分としては、スティーヴン・キングの「デスペレーション」「レギュレイターズ」の2作がパッと浮かびますが、ライトノベルとしてはおそらく初めてではないでしょうか。 ただし、まだもう一方の「ありす×ユニバース」が未読なので、全体的な感想はこっちを読んでからしたいと思います。

で、とりあえず今回の「アリス×アカデミィ」オンリーの感想としては、まあ、普通のラブコメだねって感じです。
主人公の「相手がついたウソの数が見える」という能力は面白いけど、あんまり生かされてなかったような。
そういうオリジナリティの部分を除くと、あとはビックリするほどテンプレなラブコメディ。 電波なヒロイン、饒舌な主人公、テンプレとしては及第点だとは思うけど、それ以上の感想は…。 最後がちょっとロマンチックで切ないのは良かったとは思うけど。
あと主人公が通ってる学校が元女子校って設定、もうちょっと何とかしてほしかった。 モブの女子がお嬢様ッぽい喋り方をするぐらいで、ストーリーにほぼ何の関係もなかったような気が。
初心者にはオススメかもしれないけど、通にはちょっと…という感じ。

☆ 奇抜な試みは、大歓迎ですが…

それにしても、これってどっちを先に読んだらいいのかな?
アマゾンの感想とか読むと「アカデミィ」→「ユニバース」がいいみたいな事が書いてあったけども…。
今回、解明されなかった謎が、「ユニバース」の方で明かされるのでしょうか?

総評

というわけで次回は「ありす×ユニバース」です。
個人的には、こっちの方が面白そうな気がします。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/882-3ee63326
    この記事へのトラックバック

    まとめtyaiました【アリス×アカデミィ -彼女のついたウソ-(GA文庫)】

    アリス×アカデミィ -彼女のついたウソ- (GA文庫)(2012/04/16)関 涼子商品詳細を見る同時発売の「ありす×ユニバース」と2冊で一つ。 コインの裏表のような作品。 面白そうなので手に取ってみた次第。ウソの数が見える少年と、海賊船を操るとのたまう少女のボーイ・ミー...