アニメ『化物語』 副音声副読本(上)(講談社BOX)

2012年05月23日 21:40

アニメ『化物語』副音声副読本(上) (講談社BOX)アニメ『化物語』副音声副読本(上) (講談社BOX)
(2012/04/26)
西尾 維新、渡辺 明夫 他

商品詳細を見る

本当は別に読む本があったんですが、こっちを先に読んでしまいました。
アニメ『化物語』の副音声の脚本が、今更ながらの登場です。
アニメ『化物語』副音声副読本(上)」(西尾維新著/講談社BOX
作品紹介

アニメ『化物語』DVD&Blu-rayに収録された、西尾維新書き下ろし脚本による副音声。ヒロイン達が本編をふりかえり、語り尽くした約200分が、ディレクターズカット版でついに書籍化!

<上巻内容>
第一巻『ひたぎクラブ』……戦場ヶ原ひたぎ、羽川翼
第二巻『まよいマイマイ』……八九寺真宵、羽川翼
第三巻『するがモンキー』……戦場ヶ原ひたぎ、神原駿河

※本作は、アニメ『化物語』DVD及びBlu-ray副音声のために書き下ろされた脚本集です。
実際の収録音声とは一部異なりますので、あらかじめご了承ください。

☆ 『化物語』の副音声脚本が、ディレクターズカット版で登場!

まず言わせてください。 なぜ『化物語』のアニメがやっているときに出さなかった(笑)。
もう『偽物語』も終わっちまったというのに…。 これ出したんだから、当然『偽物語』の副音声も本にするんでしょうね?
しかも上下巻…。 また出費がかさみそうです。

なぜ今頃になって『化物語』の副音声脚本が出版されるに至ったかの経緯については、冒頭の西尾先生のまえがきで触れられてますが、どうやら編集部と西尾先生の間でデータ(原稿)の受け渡しで、ささいな擦れ違いがあったみたいですね。
編集部の人、紙からデータに起こすなんて、よくがんばったよ。

内容の説明だけど、ぶっちゃけアニメDVDの副音声を、実際に聞いたほうが早い気がする(笑)…。
じゃあ、この本が存在する意味無いだろって話ですが、副音声聞きながら、読んでいくのが、正しい読み方だと思います。
第1巻が、ひたぎ&バサ姉。
第2巻が、真宵&バサ姉。
第3巻が、ひたぎ&神原。
文字にして読むと、ひたぎがキャラ崩壊スレスレのところを行く綱渡りをかましてますね…。あと真宵って、こんなにぶりっ子してたっけか。 神原がひたぎが相手のせいか、意外とおとなしい。 そしてバサ姉は何でも知ってますね(笑)。
それにしても、ある意味西尾先生は、こういう脚本形式の方が本領を発揮しているんじゃないかね?
だっていつもの小説と違って、会話しか無いし…。 語り手が誰か、とかあんまり気にしなくていいから、いつもより楽なんじゃないかと思ったよ。
マニアックなネタ、メタな発言、コント満載のなんでもありなノリは、やっぱり気持ちがいいですね。
個人的に『この戦いが終わったら、婚活するんだ』がツボでした。 あ~、また『化物語』見たくなってきました。

☆ そこかしこに挟まれる、アニメと漫画とミステリーネタ。

今となっては、アニメのネタがライトノベルの文章中に、ポンと挟まれることなんて珍しくも無いけど、西尾先生の場合、ネタのチョイスがいつもマニアック。 いや、作品そのものはメジャーどころが結構多いんだけど、メジャーの中のマイナーネタを持ってくる辺りに、センスを感じる。
あと意外とミステリーネタが多いですね。『ドグラ・マグラ』とか江戸川乱歩とか出てくる辺り、やっぱり西尾先生はミステリー畑の人なんだなと再確認。 それにしても、『ドグマグ』って、そんな略し方する奴見たことないぞ…。

総評

近いうちに下巻も出るでしょうから、その前にまたレンタルで『化物語』借りてくるかな…。
あと『偽物語』も。

恋物語 感想
鬼物語 感想
囮物語 感想
花物語 感想
傾物語 感想
猫物語(白) 感想
猫物語(黒) 感想
偽物語(下) 感想
偽物語(上) 感想
傷物語 感想
化物語(下) 感想
化物語(上) 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/876-6a4951e3
    この記事へのトラックバック

    まとめtyaiました【アニメ『化物語』 副音声副読本(上)(講談社BOX)】

    アニメ『化物語』副音声副読本(上) (講談社BOX)(2012/04/26)西尾 維新、渡辺 明夫 他商品詳細を見る本当は別に読む本があったんですが、こっちを先に読んでしまいました。アニメ『化物語』の副音声の脚本が、今更ながらの登場です。「アニメ『化物語』副音声副読本(上?...