ウルトラマン妹(シスターズ)(スマッシュ文庫)

2012年04月19日 22:07

ウルトラマン妹 (スマッシュ文庫)ウルトラマン妹 (スマッシュ文庫)
(2012/03/16)
小林 雄次

商品詳細を見る

初スマッシュ文庫がまさかこれになるとはな~。 円谷プロもよくOKしたものです。
というわけで公式公認のウルトラマンのラノベ。
ウルトラマン妹(シスターズ)」(小林雄次著/スマッシュ文庫)
作品紹介

兄想いだった妹・月島あかりが、怪獣に襲われて瀕死の重傷!?…と思ったら、ウルトラマンと一心同体になって大復活。中学2年でいきなりウルトラ戦士となったあかりは、地球侵略をたくらむ凶悪な宇宙人の魔の手から、みんなの地球を守るために奮闘する。しかし、一体化したウルトラマン・ジャンヌの能力にも問題があり、絶対絶命の大ピンチに。そんなとき、救いの手を差しのべてくれたのは、あの宇宙警備隊の隊長の…。円谷プロ監修で贈る、美少女ウルトラ戦士の物語。

☆ ウルトラマン脚本家による、公式公認ライトノベル!!

著者の小林氏、なんと本家ウルトラマンの脚本家だそうな。 調べてみたら「ウルトラマンマックス」「ウルトラマンメビウス」などの脚本を書いている方でした。 でも私の場合、小林氏は「スマイルプリキュア!」の脚本を書いている人、という印象の方が強いですね。 大人気のキュアピース爆誕回は確かこの人だったはず。
だから読んでいる間も、ウルトラマンというよりプリキュアのストーリーを読んでいるような感じでした。 そんな訳だから、あんまりウルトラマンであることを意識はしなかったな。
で、結論から言うと「映像で見たら面白い」かもしれないという感じ。 さすがプリキュアやらウルトラマンの脚本書いているだけあって、王道な話をしてきます。 ただ主人公がウルトラマン・ジャンヌに変身する少女・あかりじゃなくて、兄貴の翔太っていうのはどうなんだ。 まあ、だから「ウルトラマン妹」ってタイトルな訳ですが。
ジャンヌが放つアイスラッガー的なものが、あさっての方向に飛んでいって、ワゴンに突き刺さるシーンには笑ったけど、なんか「ウルトラマンゼアス」っぽいノリで懐かしくなってしまったよ。 あったんですよ、そんな作品が。
そんな半人前の女性ウルトラマンが、怪獣、宇宙人との戦いを通じて月島兄妹と共に成長していくというストーリー。
円谷公認ですが、一応ライトノベル。 妹あかりをはじめとして、先輩女性ウルトラマン・アムールに変身するユキ、ラスボスのイーハトン星人といい、重要キャラがみんな美少女なのはツボを押さえてますね。 で、当の主人公は怪獣になってしまうと(笑)。
ただ、思ってたよりもぶっ飛んでなかったのはちょっと残念でした。 設定が設定だから、予想ではもっと飛ばしているものだと思ってた。
あとジャンヌとアムールのデザイン、もうちょっとなんとかならなかったのか。 垢抜けてない感じがして・・・「マイティレディ」とかといい勝負だぞ。 そこはライトノベルだからしょうがないのか・・・。
そこここにウルトラマンネタは仕込んであって、ファンなら楽しめる・・・のかな? これも思ってたよりもネタ無かったし。

ウルトラマンとしては、あんまりお勧めはしないです。 ただプリキュアみたいなノリが好きなら、別な意味でオススメかもしれません。

☆ ウルトラマンも進化しました。

一番新しいウルトラマン「ウルトラマンゼロ」は、ウルトラセブンの息子だそうな。 しかも今までのウルトラマンと違って、元不良という異色のウルトラマン。 宮野真守さんが声を当ててましたが、確かに今までのウルトラマンはちょっと生真面目なキャラばかりだったから、こういう試みは面白いですね。 仮面ライダーの方は、2人で1人の探偵だったり、学ラン高校生だったり、かなりはっちゃけてきているというのに。 父親と同じく、頭にアイスラッガーが付いてますが、2つ付いてるあのデザインは秀逸だと思います。 そして2つのアイスラッガーを合体させて武器に出来るなんて。
そういえば公開中の「ウルトラマンサーガ」、ゼロに変身するのがDAIGOって時代は変わったな~と思いますね。

総評

ウルトラマンも妹でラノベか・・・。 スゲーな、こんな時代になるなんて、誰が予想したでしょうか。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/856-cee64b6a
    この記事へのトラックバック