フラ×ソロ ~健全な男女交際についてのあれこれ~(講談社BOX)

2012年04月13日 20:17

フラ×ソロ~健全な男女交際についてのあれこれ~ (講談社BOX)フラ×ソロ~健全な男女交際についてのあれこれ~ (講談社BOX)
(2012/03/02)
分水 嶺

商品詳細を見る

BOX-AIRもデザイン一新して、新たなステージへ。
といっても、値段に対して薄いのは変わらないんですが・・・。
フラ×ソロ ~健全な男女交際についてのあれこれ~」(分水嶺著/講談社BOX
作品紹介

聖黎学園に存在する、二つの秘密結社・フラタニティ(男子クラブ)とソロリティ(女子クラブ)。
ソロリティの会員人数1200人に比べて、フラタニティの会員は50人にも満たず、学園では女尊男卑の風潮がまかりとおっている。
学園序列一位の生徒会長・天上院神楽の公約により解散寸前まで追い込まれたフラタニティだが、<シェイクスピア遣い>こと七夜哉夜は男女戦争を起こすべくひとり奔走する。
攻略対象は6人の女生徒たち!? 第3回BOX-AiR新人賞受賞の下克上学園ラブコメ、颯爽登場!

☆ フラタニティ解散を防ぐため、6人の女生徒を攻略せよ!

ここ最近ボロクソ言ってるBOX-AIR作品。読んだ「翼姫」「次女っ娘」があんまりな出来だったので、3度目の正直ということになった「フラ×ソロ」。 正直に言えば、前記の2作品と比べれば、馴染みのある内容だけに、そこそこ楽しめました。
女尊男卑の風潮がまかり通る学園で、解散寸前の男子クラブ(フラタニティ)を救うため、女生徒6人を攻略することに!?
なんというか、限りなく「神のみぞ知るセカイ」的な設定。
桂馬に比べると変な文学かぶれ&中二発言のせいで、主人公のウザさが増している気がしますが、そこに我慢さえ出来れば、面白いと思います。 ただ個人的には「コレ読むんなら、『神のみ』読んだ方がいい」ような気がしたのは気のせいか・・・。
ここ最近指摘しているけど、今回もやっぱり短く感じましたね。 もっと分量費やして書いた方がいい気がする。
編集部が「本が厚いと売れない」と考えたかどうかは知らないけど、そもそも講談社BOXはメフィスト賞の流れで誕生したんだから、過剰でも長さで勝負した方が良いよ。 そもそもの話、他のライトノベルレーベルと比べて1冊の値段が高いんだから、薄くしても物足らなさが残るだけなんだよな。
講談社BOXとか星海社とかのサイトに行くと、応募作品の選評が載っていて、かなり厳しい意見が書いてあるけど、こういうの見るとちゃんとしているなと思う反面、「受賞したら、この人たちと仕事をするのか」ってちょっと不安になるみたい。 実際応募数も電撃小説大賞とかに比べるとかなり少ないみたいだし。
その数少ない作品の中から選ばれてる訳だから、出来が微妙なのが残っていくのはしょうがないのかもね。
実際今回の作品も面白かったのは“神のみ”的要素の部分だけで、女尊男卑の風潮とかフラタニティとかソロリティとかの部分は、後付のような感じがしました。 編集部の見る目が無いのか、そもそもこのレベルの作品しか集まってこないということなのか・・・。

☆ やっぱり「ページ」が足らない・・・。

内容としても女の子は可愛いとは思うし、ストーリー模悪くないと思うのに、なんでBOX-AIR作品はこういう料理の仕方しか出来ないのか・・・。 全体的に「黒猫ギムナジウム」ぐらいになってから刊行するのがいいと思うのだけど。
一冊1000円以上もかかってることを、編集部はよく考えた方が良いぞ。

総評

BOX-AIR作品がちょっと残念な感じに終わってしまったので、久しぶりに長めのBOX作品が読みたいところ。
何が良いでしょうか?

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/853-83411eb1
    この記事へのトラックバック