羽月莉音の帝国10(ガガガ文庫)

2012年03月27日 20:50

羽月莉音の帝国 10 (ガガガ文庫)羽月莉音の帝国 10 (ガガガ文庫)
(2012/02/17)
至道 流星

商品詳細を見る

羽月莉音の帝国」シリーズ、堂々のフィナーレ!!
全世界に対して“宣戦布告”した革命部は、世界征服を達成できるのか!?
羽月莉音の帝国10」(至道流星著/ガガガ文庫
作品紹介

全世界を揺るがす革命の物語、ついに終幕!

「革命部の栄光のために!」かけ声とともに膨大な数のミサイルが日本へ向けて飛び立っていった――。全世界から宣戦布告を受けた俺たちの新生国家『大革命部帝国』は、国連から国家として承認を受けるため、この世界大戦を勝ちきらねばならない。電撃戦で日本の主要戦力を奪うことに成功した俺たちは、次なる敵・アメリカ軍の全力攻撃に備えていたのだが、敵は予想だにしない方法で攻撃を仕掛けてきた! 大戦の勝敗の行方は? そして、革命部が描く新世界構想とは? 超弩級のスケールで描く少年少女たちの革命の物語、ついに終幕!

☆ 革命部よ、永遠に。 シリーズ最終巻!!

ついに5人はミサイル発射スイッチに手を伸ばした・・・。 日本を手始めとして、全世界に“宣戦布告”した革命部。 ミサイルの威力を目の当たりにしたことで、世界が狂乱に包まれる中、アメリカが動き出す・・・。 果たして革命部は、この戦いを制することが出来るのか。

1巻が始まった時には、「なんだ、SOS団の真似っこか」と思っていたときもありましたが、読んでみて驚嘆、そのオリジナリティあふれるストーリーにはまって、あれよあれよと10巻まで駆け抜けました・・・。作品が始まった当初はまさかここまでスケールのでかい話になるとは思いもしなかったですが、とうとう1巻当初の目的「世界征服」の一歩手前。 来るところまで来てしまった感じです。
前半はミサイル戦争の行方、後半は戦争以後の革命部と日本の大原総理の視点で、話が進みます。 最終巻だけど、5人のメンバーの中で、恒太はいつもどおりの活躍だけど、後の4人がちょっと影が薄くなり気味。 巳継なんて主人公なのに、ほとんど印象がないぞ(笑)。
アメリカとミサイルの打ち合いとか、かなり荒唐無稽な話ですが、今まで荒唐無稽の連続だったから、あまりビックリしていない自分がいる(笑)。 それにしても、アメリカの情報操作のやり方が、現実にありそうで怖い・・・。 実際これに近いことは平然と行われてるんだろうか。
大原総理の取り乱しっぷりもすごいな・・・。 革命部に協力している側の人だったから、裏切られて我を忘れて憤怒するのも当然か。 でも、よく考えれば、世界征服とか宣戦布告とかするんだったら、考えられる当然の事態。 キレイに事は進まないよ、というのがよく分かる描写。
核ミサイルによる全世界のネットワーク遮断、マスコミの狂乱ぶり、とにかく想像を超える描写の数々で、さすが革命部と思ったけど、ここまでやるんだったら、アメリカを降伏させて欲しかったな・・・。大変満足した最終巻だったけど、そこだけが心残り。
それにしても、莉音たちはこれからどうするんだろうか・・・。 恒太なんて、整形でもしない限り、素顔で外歩けないぞ。
途中であった恋愛描写もほとんどどっか行ってしまったな。 至道先生にとっては、その辺はどうでもいいんだろうけど、シリーズ通して、そこら辺は改善しなかったですね。
そういうのを期待している人は、講談社ラノベ文庫で刊行された至道先生の新シリーズ「好敵手オンリーワン」をどうぞ。
ヒロイン二人による主人公争奪戦というラブコメの定型を用いつつ、至道先生の経済の知識を存分に生かした作品に仕上がっています。

☆ このブログが始まった頃から読み始めた作品が・・・。

コレといい、「蒼穹のカルマ」といい、ブログを始めた頃に読み始めた作品が、続々終わってゆくのはちょっと寂しいな。
それだけ時間が経ったということを実感します。
しかし、作品が終わった分、新たな作品や新シリーズ出会うことは、何にも換えがたいです。 終わることは寂しいですが、このような素晴らしいライトノベルがあったことを忘れないで欲しいですね。
その分新シリーズ「好敵手オンリーワン」を楽しんでいきたいと思います。

総評

素晴らしい作品をありがとう!! 「羽月莉音の帝国」の名前は絶対に忘れないでしょう。
まだ読んでない人、絶対に後悔しないから読んでみてください!!

羽月莉音の帝国9 感想
羽月莉音の帝国8 感想
羽月莉音の帝国7 感想
羽月莉音の帝国6 感想
羽月莉音の帝国5 感想
羽月莉音の帝国4 感想
羽月莉音の帝国3 感想
羽月莉音の帝国2 感想
羽月莉音の帝国 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/845-2b8144f3
    この記事へのトラックバック