--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議系上司の攻略法3(メディアワークス文庫)

2012年01月26日 18:06

不思議系上司の攻略法〈3〉 (メディアワークス文庫)不思議系上司の攻略法〈3〉 (メディアワークス文庫)
(2011/12/22)
水沢 あきと

商品詳細を見る

しがないSEと年下女上司との恋物語、第3弾!
今度は家を出て行った真夜さんの実の兄からの仕事。
でも真夜さんは浮かない顔で・・・。
不思議系上司の攻略法」(水沢あきと著/メディアワークス文庫
作品紹介

クリスマスも近づき始めた初冬。メイド喫茶メイプル・ホームに、くだけた物腰の男が現れた。真夜の実兄で、石峰家と袂を分かった男、裕。彼は自身が興したネット販売専門のベンチャー「ラムシーク」のサイトリニューアルを、ケーイージーの真夜たちのチームに依頼しているのだという。しかし肉親との仕事にも拘わらず、真夜の表情は固い。彼女は過去、裕から共に家を出ようと持ちかけられた時、断ってしまったという負い目があったのだ。ぎこちない兄妹を心配する健二は―。

☆ ベンチャー企業の社長である兄から仕事の以来。 真夜は・・・。

今回のテーマは、ベンチャー、兄妹の絆、クリスマス。
前回、メイプルホーム側の描写が少なかったので、今回は多くなってます。

ベンチャー企業ですか・・・、私個人の感覚としては、ベンチャー企業ってホリエモンや村上ファンドの件で、すっかり印象が悪くなった感じはしますね。 というか今もあるんだろうけど、ブーム自体は完全に終わってますよね。
この今更感が強いネタを本作は扱ってるわけですが、当然負の側面があることを忘れていません。
クリスマスが近づく頃、メイド喫茶・メイプルホームで働く健二と真夜の元に、真夜の実の兄で石峰家を飛び出した男・裕が現れる。 フランクな彼に対して、浮かない顔の真夜。 同じ頃、裕が社長を務めるベンチャー企業「ラムシーク」からサイトリニューアルの仕事が真夜たちのチームに舞い込む。 早速ラムシークに乗り込んだ健二たちだったが・・・。
社員がとってもラフな格好をしていたり、職場の雰囲気が大学のサークルのノリだったり、一見和やかな雰囲気の職場ですが、だんだんそのメッキが剥げていく描写がお見事。
ベンチャー企業とはいえ、会社であることには変わりないのだから、社員が共通の目的を共有してなかったり、各部署がワガママ言い放題だったり、会社が不正を行っていることに社員が危機感を持ってなかったりするのは問題外。 そんな事実が上場前に発覚するんだから、当然健二たちは大慌て。 あげくにチーフが逃げ出してしまったり、ある意味普通の企業よりもタチが悪い。
危ない橋を渡ろうとしている兄を、妹の真夜さんは止められるのかどうかが今回の見所。
どうでもいいけど、毎回毎回ラスト付近はアクションが増えるな・・・。 お仕事小説なのに(笑)。
そして1巻のときも思ったことだけど、ミハルさん物騒すぎる。

☆ 健二と真夜の恋。 メイプルホームのサイトもリニューアル。

兄の登場で揺れる真夜さんを、物理的にも精神的にも支える健二君の活躍がイイですね~。
そうか、真夜さん高いところが苦手なのか・・・。 完璧超人に見える真夜さんにも弱点があるんだな。
社会人の二人が、少しだけ学生気分の甘酸っぱさを見せてくれます。

メイプルホーム側の描写は、前回が少なかったので、増えていたのは嬉しかったですね。
サイトをリニューアルするということで、メイドさんたちのブログを開設するする案が。 最近だと割りとポピュラーですよね。
メイドさんたちにサイト更新についてのレクチャーをする真夜さんが凛々しい。

総評

安定の面白さでした。 真夜さんと健二君の恋の行方は・・・。
まだまだ続いてくれることを希望。

不思議系上司の攻略法2 感想
不思議系上司の攻略法 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/809-23ade436
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。