--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕は友達が少ない ゆにばーす(MF文庫J)

2011年12月22日 23:24

僕は友達が少ない ゆにばーす (MF文庫J)僕は友達が少ない ゆにばーす (MF文庫J)
(2011/11/23)
平坂読、裕時悠示 他

商品詳細を見る

僕は友達が少ない」初のアンソロジーノベル登場!
さがら聡先生をはじめ、他レーベルからも応援が!?
僕は友達が少ない ゆにばーす」(平坂読ほか著/MF文庫J
作品紹介

僕は友達が少ない』の世界を、いま大注目の人気作家たちが描き上げる! ・裕時悠示(GA文庫『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』他)・渡航(ガガガ文庫『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』他)・志瑞祐(MF文庫J『精霊使いの剣舞』他)・さがら総(MF文庫J『変態王子と笑わない猫。』)さらに平坂読&ブリキの原作コンビも参加した超豪華版! フレッシュだけどやっぱり残念、「はがない」初の公式アンソロジーノベルが登場!

☆ 人気作家競演! 隣人部たちの、初アンソロジーノベル!

僕は友達が少ない」シリーズ、初のアンソロジーノベル。
同レーベルの人気作「変態王子と笑わない猫」シリーズのさがら聡先生をはじめとして、GA文庫、ガガガ文庫の先生も応援に駆けつけてくれました。愛されてるな~平坂先生。 これも作品の力か。
どれもこれも面白いですが、残念さは共通です。

第1話 「ふふん夜空、あたしに友達ができたわ!」「あ? ぞ?」

いきなり隣人部メンバーに、『友達ができた!』と報告した星奈。
ウザがるメンバーを尻目に、自慢しまくる星奈。 だがある日小鷹は、それが星奈を嫌う女子たちによる悪質なイタズラだと知ってしまい―――。
GA文庫『俺と彼女と幼なじみが修羅場すぎる』の裕時悠示先生による作品。
友達ができて浮かれまくる星奈と、なんだかんだ言いつつ星奈を助ける夜空がイイですね。

第2話 ぼっちは変化球が投げられない

「リア充、それはつまりスポーツだ」
夜空の提案がきっかけで、野球をすることになった隣人部。 さっそく準備するが・・・。
ガガガ文庫『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の渡航先生の作品。
こら、人数足りないだろとか言わない(笑)。 というか、対戦する相手チームが見つけられない気がする・・・。
ここでも夜空が過去押し。 星奈と夜空のダブルノックアウト吹いたわ。

第3話 三二四駆

注:ミニ四駆ではありません(笑)。
学園の倉庫から出てきた懐かしの品々。 その中にあったミニ四駆のパチモン『三二四駆』。
昔遊んだ記憶を思い出し、懐かしくなった小鷹たちは、それぞれのマシンを作ってレースすることに。
MF文庫J精霊使いの剣舞』の志端祐先生の作品。
それぞれのマシンの元ネタ分かる人、何人ぐらいいるでしょうか?(笑) 子供の時見たな~『レッツ&ゴー』。
理科制作のAI搭載マシンといい、×××まみれのマシンが追いかけてくるシーンで大笑い。
ちょっと懐かしいですね。

第4話 将棋はとっても楽しいなあ!

小鷹が福引で当てた将棋セット。
そこで隣人部にて将棋大会を開こう! ということになり、小鳩も誘って開催したが・・・。
ご存知『変態王子と笑わない猫』のさがら聡先生の作品。
本当にあるんですか? 魔界四間飛車って(笑)。 私も一時すごく熱中してたときがあったんですが、コンピューターのイージーに勝てなくて放り出した記憶があります・・・。 小鷹の将棋の楽しみ方が、淋しすぎる(笑)。
さがら先生はもうちょっと飛ばしてくると思ってましたが、意外と将棋のマニアックなネタが多かったです。

第5話 魔法少女うんこ☆マリア 第一話『浣善腸悪! 魔法少女マリア』

内容はタイトルから察してください(笑)。 ちなみに本編とは全く関係ありません。
平坂先生ェ・・・あんたが一番ひでーよ(笑)。

☆ ここに作品を寄せた作家さんの作品も読んでみようか・・・。

本作は、カントクさんの描いた夜空と星奈がカバーを飾ってる時点で買いです。
だって貴重じゃないですか・・・。 こういうアンソロジーって本編知らないと楽しめないところはあるかもしれませんが、もっと増やしてもいいと思うのだけど・・・。 しかし巻末に他のレーベルの作品が堂々宣伝ページがあるのは、すごいなあ。
アンソロジーがあると、他の作品も読んでみようか、となるからどんどんやってほしいところ。

総評

愛されてるんだな~この作品は。
こういうの作られると、作家としては嬉しいでしょうね。

僕は友達が少ない7 感想
僕は友達が少ない6 感想
僕は友達が少ない5 感想
僕は友達が少ない4 感想
僕は友達が少ない3 感想
僕は友達が少ない2 感想
僕は友達が少ない 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/788-794930e7
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。