FC2ブログ

ココロコネクト ニセランダム(ファミ通文庫)

2011年12月18日 14:12

ココロコネクト ニセランダム (ファミ通文庫)ココロコネクト ニセランダム (ファミ通文庫)
(2011/10/29)
庵田 定夏

商品詳細を見る

アニメ化決定!!
今回は文研部のニューカマー・千尋&紫乃回!!
“ふうせんかずら”が二人に与えた力とは?
ココロコネクト ニセランダム」(庵田定夏著/ファミ通文庫
作品紹介

新メンバーの千尋と紫乃が加わり、来たるべく体育祭に向けて盛り上がる太一たち文研部。だがそんな一大イベントを前に一年生の二人はどこか浮かない顔をしていた。そんなある日、太一は伊織から「未練」があると告げられる。さらに周囲の言動から立ち上る強烈な違和感―信頼しているからこそ相手の言葉を疑いなく受け入れてしまう五人、そんなメンバーを陰で嘲笑うのは太一たちが予想もしない人物で…。愛と青春の五角形コメディ、絆を貫く第5巻。

☆ 暗躍する千尋と勇気が出せない紫乃・・・待望の新入生回!!

千尋の中二病がイタい(笑)。
ふうせんかずらの誘いに乗って、『幻想投影』(千尋命名)なる能力を手に入れた千尋。
「退屈な日常から脱却したい」そんな軽はずみな理由で、文研部の5人を互いに疑わせてバラバラにしようと画策する。
彼の策略通り、お互いを疑い始める太一たちを見てほくそ笑む千尋。 彼の目論見はうまくいってるように見えたのだが――。

『未来日記』の主人公のダメクズっぷりを髣髴とさせる千尋。
力を得て調子に乗っちゃったり、 策略がうまくいってると思って『自分は他の人とは違うんだ!!』とか思っちゃう辺り、絵に描いたような中二病。
が、太一たちだって今まで様々な怪奇現象に遭遇してきた猛者。事がそう簡単に上手くいくはずもなく、
文研部の信頼感が思ってたよりも強いことに、イライラを募らせ、作戦も上手く行かなくなる。
さらに“ふうせんかずら”に脅されたことで、自分がもう引き返せないところに踏み込んでいることに気付き、追い詰められて・・・。
ま、中二病の想像力なんてこんなもんだよね(笑)。 後半の展開は全て千尋の自業自得なんですが、ちょっと爽快。
『中二病の挫折』が今回のテーマかな。
それにしても、こういう性格の奴ってメンドクサイですね・・・。 自分が傷つくのが怖いから何にも自発的に行動しようとしないくせに、力が欲しい、自分の思い通りにしたい、と願ってばっかりで、それができないとわかると、消えるしかないとか言い出す・・・。 若いが故の厚かましさって怖いですな。
でも、最後はなんというスッキリ爽やかエンド。 千尋はもうちょっと痛い目見た方が、とも思ったけど、紫乃が勇気出したから良しとしましょう。

そしてその紫乃は、先輩達の異変を察知して、勇気を出して行動を起こす!!
太一に励まされ、ふうせんかずらに接触することに。
紫乃に一本取られたときの、千尋のガックリっぷりが見物。

☆ ランダムじゃなくなって、“ふうせんかずら”の目論見も最終段階か!?

もしかして、もうちょっとで終結なのか?このシリーズ。
なんだかあからさまにクライマックスっぽい引きですが、あとがきでは何も言ってないし・・・。

そういえばアニメ化決定したけど、どこまでやるんでしょうか?
1クールやるには十分な原作量はありますが・・・。 どこの会社がやるのかも気になるところ。
キャストはCDドラマと同じ・・・じゃない気がするのは気のせいか。
どっちにしてもガンバレ!!

総評

さてさて、アニメがいつ始まるのか分からないですが、期待して待ちたいと思います。
でも千尋たちは無理なんだろうな・・・。

ココロコネクト クリップタイム 感想
ココロコネクト ミチランダム 感想
ココロコネクト カコランダム 感想
ココロコネクト キズランダム 感想
ココロコネクト ヒトランダム 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/785-ea130c27
    この記事へのトラックバック