這いよれ!ニャル子さん8(GA文庫)

2011年12月14日 18:54

這いよれ!ニャル子さん 8 (GA文庫)這いよれ!ニャル子さん 8 (GA文庫)
(2011/10/17)
逢空 万太

商品詳細を見る

アニメ化決定おめでとう!!
え? FLASHアニメがあったろうって? そんなの知らないよ?

這いよれ!ニャル子さん」(逢空万太著/GA文庫
作品紹介

「教育実習生のルーヒー・ジストーンよ!」
宇宙ゲームハードバトルはまだ終わっていない!? このとき、またひとつの種族を越えた愛が芽生え、た……!?
真尋達の学校へ、教育実習生としてやってきたルーヒーの目的や、いかに!

宇宙ゲーム戦争に敗れたルーヒーは、今はたこやき屋台を営んでいた。
ニャル子達一行も時折購入しに来てくれるのだが、その中にはハスター星人のハス太少年もいた。
小柄で少女のような面差しの彼は敵対していたゲーム会社統括者の息子。
種族的にも因縁のある二人は、言わば犬猿の仲の筈だが彼女はどうにもこの少年のことが気に掛かっていた。
そこで一計を案じ――「教育実習生のルーヒー・ジストーンよ」「なぁにやってんだよルゥゥゥゥヒィィィっ!」
なんと、真尋たちの学校へ教師としてやってきたのだ。事態はもちろんそれだけで済むはずもなく――。
宇宙邪神混沌コメディ第8巻!!

☆ ここに来て、ルーヒー×ハス太フラグ発生!?

相変わらず流行ネタの仕込みのスピードが尋常じゃない(特に仮面ライダー)、ラヴクラフトコメディ第8弾。
表紙のニャル子は、仮面ライダーZX(ゼクロス)の変身ポーズ。

なんというかフラグ発生じゃなくて、もうゴールですよね(笑)。
まさかこの二人がくっつくとはな~。 邪神どもの考えることはわからん。
今回はハス太のことが気になりだしたルーヒーが、自分の気持ちを確かめるべく、教育実習生として真尋の学校にやってくる話。 転校生じゃないところがちょっと新鮮ですな(年齢的にもキツそうだし・・・)。
このシリーズの目玉は、要所要所で挟まれるクトゥルーネタ&アニメ・ゲーム・特撮ネタなんですが、もう8巻だというのに、全然ネタ切れがないところは素直にスゴイ。 ショゴスティーニとかiaiaPadとか毎回毎回よく考え付くもんだ・・・。(ショゴスティーニのキャッチャコピーが秀逸すぎる!!)
それと今回は「ピンドラ」と「仮面ライダーフォーゼ」ネタが印象的でした・・・。
ルーヒーから出た「きっと~ないお前たちに告げるわ」が、今回の秀逸フレーズPart2!
スゲーよ、万太先生・・・。スゲーけど、私へのあてつけですか?(笑)。

ラノベ界では意外と珍しい「ヒロインにドSな主人公」真尋のツッコミは、今回も冴え渡りまくる。
1巻の時は、わりと気にしていなかったんですが、昨今の変態主人公やナヨナヨ・鈍感主人公の氾濫ぶりを見ると、真尋のキャラクターは割りと貴重な気がする。 まあ、それもニャル子、クー子が汚れに徹してるせいなんですが(笑)。 真尋もフラグを粉砕しまくってますからね・・・(そもそもフラグが立ってるのかどうかが怪しい)。
しかし今回の後半、宇宙に行く展開は「宇宙キター!!」が言いたいがためとしか思えねー(笑)。
そしてヒーローらしからぬ、無慈悲な攻撃(笑)。 待ち受ける毎度おなじみのくだらねーオチ(笑)。
相変わらずっていうのは、なかなか保つのが難しいですが、このシリーズはもっと続いて欲しいですな。
あと「ベルテイン」とちょっと繋がってたり。 万太先生がようやく暮井さんの扱い方を見出したようで嬉しいですな。

☆ SAN度目の正直・・・。アニメ化決定。

XEBECがアニメ化と聞いて、不安がないわけじゃないけど、手堅くまとめてきそうですね。
キャストは同じなのかな? 阿澄さんがニャル子で、キタエリが真尋で。
今度はちゃんと見ると思います。

総評

何はともあれ、ニャル子が「ちゃんと」アニメになってくれるみたいでよかったです。

這いよれ!ニャル子さん7 感想
這いよれ!ニャル子さん6 感想
這いよれ!ニャル子さん5 感想
這いよれ!ニャル子さん4 感想
這いよれ!ニャル子さん3 感想
這いよれ!ニャル子さん2 感想
這いよれ!ニャル子さん 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/780-3034a37d
    この記事へのトラックバック