--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これはゾンビですか?3 いえ、それは爆発します(富士見ファンタジア文庫)

2011年12月10日 15:21

これはゾンビですか?3  いえ、それは爆発します (富士見ファンタジア文庫)これはゾンビですか?3 いえ、それは爆発します (富士見ファンタジア文庫)
(2009/09/19)
木村 心一

商品詳細を見る

ユーが姿を消してしまってさあ大変!という時期なのに、歩さんは呑気にトモノリとデートですか・・・。
イラっとさせられるほどじゃないけど、結構鈍感なところがあるよね・・・。
これはゾンビですか?3 いえ、それは爆発します」(木村心一著/富士見ファンタジア文庫
作品紹介

人生、あきらめが肝心だ。これは、俺の座右の銘だが、毎回あきらめるタイミングがつかめない。このところ俺は、目の前から消えた少女ユーを捜し回っているのだけれど、手がかりもなく途方に暮れている。そんな夏休み前のこと―「い、一緒にプラネタリウムでもどうかな」トモノリからデートに誘われた俺。失踪したユーや傷ついたセラが気になるが、あきらめるにはいい機会かもしれない。と、そんな俺の前にハルナやセラが現れ、さらにはあんな場所で夜の王に出くわして。突然京子も出没するし、しまいにゃユーまで―!?あーもう!やっぱりあきらめきれねーっ。

☆ ユー失踪で大変な中、歩はトモノリとデート・・・いいのかそれで!?

歩よ・・・。トモノリとデートしてる場合じゃないだろ!?
といいたくなる3巻です。 とはいえ、ユーに関する手がかりがさっぱり無いのだから、しょうがない。
まして歩は学生なのだから、学校を休むわけにはいかず、モヤモヤを残したまま、ユー探しをセラにまかせて、いつもどおりの学校生活を送ることに。
前回、トモノリに嫁宣言されてしまった歩は、そのトモノリからデートに誘われる。
が、デート当日。 歩の視界の片隅にアホ毛を含む見慣れた面々の姿が・・・。

トモノリとデート、調理実習にハルナ乱入、セラの苦悩、そして学校に現れる京子、夜の王との決着。
いつもながら、このテンポの良さはさすがだと思います。久々に読んだけど、やっぱりギャグで笑っちゃうんだよな~。所々ネタが古びてるとはいえ、素直にスゴイ。
その上、ジャンプマンガか!?といいたくなる、特訓→決戦の流れをやってくれるんだから、ホントイイ作品なんですよ。「これゾン」って。 コレ読んでるとつくづくアニメの杜撰さが強調されちゃいますね・・・。

それにしても再読して気が付いたけど、三原かなみって、この時にはもう出てたんだな~。
なんか最近出てきたような気がしてたんですが。

今回で夜の王との話は一応決着、ユーも戻ってきてよかったよかった。

☆ 第1部完で、次回からクリス編。

次回からクリス編。
あのいつもはおっさん姿の、最強魔装少女降臨です。
アニメの第2期に出るんだろうけど、多分見ない気がする(笑)。

今回もご贔屓の京子が出るんですが、アレ・・・こんなにあっさり捕まっちゃうんだっけ?
1巻の時の圧倒的な強さみたいなのが、ほぼ感じられないまま出番終了。
なんかちょっと拍子抜け・・・。

総評

久々に再読すると、色々発見があって面白いですね。
木村先生、この時から最新刊まで、ギャグのレベルがほぼ変わってないですね~。

これはゾンビですか?2 そう、私は死を呼ぶもの 感想
これはゾンビですか? はい、魔装少女です 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/775-d9b14130
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。