まよチキ!9(MF文庫J)

2011年11月20日 20:16

まよチキ!9 (MF文庫J)まよチキ!9 (MF文庫J)
(2011/09/21)
あさのハジメ

商品詳細を見る

家の修理が大幅に遅れ、坂町兄妹は、宇佐美マサムネの家に居候することに。
それにしても、いい太ももですな!(笑)
まよチキ!」(あさのハジメ著/MF文庫J
作品紹介

涼月家を出た俺たち坂町兄妹は、マサムネの家に居候していた。相変わらずコイツは素直じゃないんだが、少しずつ紅羽とも打ち解けてきたようで、人当たりも柔らかくなった気がする。どこか家族のように温かな、ちょっと悪くない、つかの間の生活。だが、そんな居候デイズも突然の訪問者により終わりを迎える。「今日からあなたたちの隣の部屋に住むことになった涼月奏と近衛スバルです」出たな、デビル涼月……。さらに涼月は全校生徒の前で、近衛と自分が付き合っているという宣言をしやがった。それは涼月革命と呼ばれる事件。一人の少女が起こした、激情に濡れたレジスタンス。学園執事ラブコメ第九弾! 執事と主の口唇が重なるとき、革命の幕が上がる――。

☆ マサムネ猛アタック!&涼月革命で物語はシリアスモード突入!

マサムネの水着エプロンとか、何のご褒美ですか(笑)。
今までも可愛かった彼女ですが、今回は特にヤバイ。
ベランダでのダンボールハウスとか、涼月家と扱いが変わってねー(笑)。

今回はマサムネ家で家族同然の生活をする坂町兄弟と、突然隣の部屋に越してきた涼月奏&近衛スバルが巻き起こす騒動が中心・・・なんだけど、コメディというよりもシリアスの度合いが強いですね。
特に前回からですが、涼月さんのなりふり構わない振る舞いがさらにひどくなってます。
スバルと付き合ってる宣言は、百合好きな私としては、キターって感じですが、それまでの事情を知ってるが故に、涼月さんのやるせない無軌道っぷりに素直に笑ってられない自分がいます。

今回は最初にも書いたように、マサムネ回ですが、扱いが酷いながらも、明らかにジローに対する接し方が、変化している彼女。 涼月さんが隣にやってきてから、その傾向がより顕著に。
そしてウサギカフェにやってきてからの、テンションの上がったマサムネが激カワ!!
本人もウサギみたいな奴ですが、やっぱり同族だから親近感が沸くのでしょうか。
そして最後はジローと・・・。

それにしても今回、スバルは空気だな(笑)。
前回ジローを振ってから、どうやってジローと付き合ったらいいものか計りかねてる感じ。
オマケにジローとマサムネが○○してるところを目撃し・・・。
この関係がどこまで続くのか・・・。

☆ 坂本さんやら、紅羽やら、シュレ先輩やら。

坂本さんていうのか、マサムネの家に取り付いていたオバケは(笑)。
そんな場所に平気で住んじゃうマサムネもアレだけど、その坂本さんをプロレス技で成仏させた紅羽はもっとアレだよ・・・。
あと紅羽とシュレ先輩って仲悪かったんだね・・・。 同じ部だから、仲良いんだとばかり・・・。 でも落ち込んでる紅羽を受け入れたりしているわけで、そんな険悪と言う程ではないみたい。

総評

なんか「はがない」と同じく、こちらも物語が大きく進みそうな予感ですね。
果たしてスバルとジローは、元の関係を取り戻せるのか!?

まよチキ!8 感想
まよチキ!7 感想
まよチキ!6 感想
まよチキ!5 感想
まよチキ!4 感想
まよチキ!3 感想
まよチキ!2 感想
まよチキ! 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/754-34e832e8
    この記事へのトラックバック