僕は友達が少ない7(MF文庫J)

2011年11月19日 22:59

僕は友達が少ない7 (MF文庫J)僕は友達が少ない7 (MF文庫J)
(2011/09/21)
平坂 読

商品詳細を見る

すっごい今更だけど、アニメ始まったね。
う~ん、夜空の髪が長いよ(笑)。
今回、内容的には星奈>>>夜空な感じ。
僕は友達が少ない」(平坂読著/MF文庫J
作品紹介

羽瀬川小鳩の誕生日パーティーも無事に(?)終わり、ふたたび学園祭に備えての活動を開始する隣人部のメンバーたち。紆余曲折の末、文化祭の出し物の内容は映画作りに決定し、脚本は夜空が担当することに。だが、やたらと小鷹との過去の関係を強調する夜空と他の女子部員たちとの間に不穏な空気が流れ始める。そんなおり、小鷹と星奈との間にも実は『特別な関係』があったことが発覚し、さらには隣人部のジョーカー、志熊理科までもが動き出す。大人気残念系ラブコメディ第7弾。リア充たちの祭典を前にして物語はついに佳境を迎える…かも。

☆ 星奈といい感じの小鷹。 一方夜空は・・・。

今回は、文化祭前の準備期間。 映画を撮ることに決まった隣人部の面々。
撮影がすんなり行くとは考えていなかった小鷹だが、夜空がどういうわけか素晴らしい脚本を書き上げ、映画作りを進めることに。 だが、夜空が小鷹の近くにいたいがために、無理やり脚本を変えたりしたため、他の女子部員との間に不穏な空気が。
さらに小鷹と星奈の間に『特別な関係』があったことが発覚し・・・。

今回は星奈と夜空で明暗くっきりですね。 いつの間に、星奈がこんなにまっすぐになったのでしょうか・・・。
「はがない」初期で見られた『夜空に虐げられる星奈』という図式が、今回は『星奈に正論を突きつけられる夜空』という感じで、完全に立場が入れ替わってます。 脚本のことといい、なんか夜空が可哀想なくらいダメ子になってますね・・・。
星奈が小鷹&夜空の関係を聞いても、『過去なんて関係ない』とある意味吹っ切れた印象なのに対し、夜空は未だに小鷹との過去の関係にこだわって、グズグズしている状態。
だから星奈に『昔のことなんて引っ張ってないで、今やるべきことをやりなさい!』と注意されても、言い返せない。
オマケに、脚本の秘密が露呈したことで、さらに部内での立場がなくなっていく夜空・・・。
今回の夜空ってなんかダメな子ですけど、ちょっと愛おしくも感じますね、個人的には。
猫に対して猫なで声を出す夜空が、死ぬほど可愛いです。

他にも小鳩が実はクラスで大人気だとわかったり、それを見てマリアが面白くなさそうな顔をしたり。
何か今回は、隣人部もいろいろ変わってきているな~と感じさせますね。
なんかもうすぐ終わってしまうのではないかと勘繰ってみたり。

さくっと星奈を目の敵にする新キャラ・遊佐葵やら、夜空が目の敵にする生徒会長・日高日向が出てきたりしてますが、このキャラがこれからのストーリーにどのように絡んでくるのか。

☆ 理科がなにやら不穏な行動を開始して・・・。

理科がなにやら、夜空や星奈にも内緒で小鷹に接近してますね。
この何を考えてるのか分からない笑顔が怖いです。 ここら辺も変化が現れてきていますね。
もしかしてまさかの理科ルートに突入してしまうのか?

総評

次回は夜空にいい所があるといいな。
私はどんなに夜空がダメ子になっても、夜空のファンだぞ!

僕は友達が少ない6 感想
僕は友達が少ない5 感想
僕は友達が少ない4 感想
僕は友達が少ない3 感想
僕は友達が少ない2 感想
僕は友達が少ない 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/753-1de7fbbb
    この記事へのトラックバック