--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輪るピングドラム(中)(幻冬舎コミックス)

2011年11月13日 19:02

輪るピングドラム (中) (一般書籍)輪るピングドラム (中) (一般書籍)
(2011/10/28)
幾原 邦彦・高橋 慶

商品詳細を見る

これのレビューする頃には、この巻に収録された話は放映した後ですね。
なので今回は前回と違って、堂々とネタバレができます!(笑)
輪るピングドラム(中)」(幾原邦彦高橋慶著/幻冬舎コミックス)
作品紹介

「生存戦略!!」――そして、ピングドラムとは何か!? 大好評放送中のアニメ「輪るピングドラム」原作小説第二弾!!

☆ 明かされる高倉家の秘密。 桃果の日記は誰の手に。

アニメも全体の3分の2終了して、結末がどうなるか全く予想がつかない「輪るピングドラム」。
上巻で提示された数多くの謎が徐々に明かされ、全体像が見えつつあります。
今回はテーマとしては「キャラクターたちの過去編」といった感じでしょうか。

高倉家の両親が不在の理由。 それは十六年前に起きた“ある事件”が関係していた。
事件の首謀者として、警察にマークされた高倉夫妻は、子供達を置いて失踪してしまった・・・。
前回、陽鞠が学校で急にハブられている場面がありましたが、こういう事情があったのですね。
自分達の両親が犯した罪の大きさ、それを自覚しているからこそ、陽鞠が不治の病にかかっても、「これは自分達への罰なのだ」と考えてしまう高倉兄弟が不憫。 それにしても陽鞠が健気だな~。 薄幸の美少女とはまさに彼女のことですよ。

そして今回は、上巻ではアクの強いサブキャラ扱いだった、多葺、時籠ゆり、夏芽真砂子の意外な過去が。
それぞれのキャラが、どうして日記を狙っているのかが明かされます。
ゆり・多葺は桃果を取り戻すため。 夏芽真砂子は弟のマリオを救うため。
それぞれの願いを実現するために、二つに引き裂かれた日記を揃えようと画策する彼ら。
高倉家を含め、この作品のキャラクターたちに共通しているのは、「親に問題あり」ということ。
テロ事件の首謀者、虐待する彫刻家、強権的な父親、子どもに期待しすぎる親。
前回あれだけドン引き行動を繰り返したリンゴちゃんが、とっても可愛く見えるレベルです。

そのリンゴちゃんは今回で転機を迎えることに。
努力の末、多葺を振り向かせることに成功した彼女だったが・・・、自分が本当は誰が好きなのかを意識するように。
ホント、リンゴちゃんメインヒロインだな! 前回の醜態の数々は、水に流そう。
彼女と晶馬の関係が最終巻でどのように収束するのか楽しみ。

☆ 今回のプリクリ様は・・・。

前回に比べると、若干出番が減った感のあるプリクリ様ですが、その数少ない出番でも存在感を放っています。
それにしても、連雀さんとプリクリ様が歌詠み合戦するするシーンが全カット・・・、見たかったな~。
ピングドラムとは何かについても、「内緒」と言って教えてくれないし、「ピングドラムとはお前の・・・」とヒントまでは仄めかすけど、最後まで言わないし! そもそもプリクリ様の正体自体が謎ですし。
でも最終巻ではさすがに明かされるのだろうけど。

ところで今、プリクリ様、プリクリ様と呼んでますが、アニメDVD第1巻のオーディオコメンタリーでの幾原監督によると、
プリンセス・オブ・ザ・クリスタルという名前は、どうやらテキトーにつけたっぽいです(笑)。
なんでも正式名称は決まってなくて、「試運転マニュアル」に掲載するキャラクターの名前を決める際に、名前を求められてその場で考えたのだとか。 確かにプリクリ様、劇中では1回も名乗ってないですもんね。

日記争奪戦の行方、プリクリ様の正体、全ての鍵を握っていると思われる謎の医師・サネトシ&少年シラセ、ソウヤのの暗躍が気になるところですが、来年1月に刊行される最終巻を心待ちにしたいと思います。
果たして晶馬たちは、自分達の運命を変えることができるのか!?

総評

謎が少しづつ明かされてきて、ますます楽しみになってきました!!
それぞれのキャラクターの運命の先に、何が待ち受けているのか・・・。
早く1月になれ!!

輪るピングドラム(上) 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/748-988f70a5
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。