CATHERINE ラプンツェル奇譚(DMC NOVELS)

2011年08月29日 20:58

CATHERINE~ラプンツェル奇譚~ (DMC NOVELS)CATHERINE~ラプンツェル奇譚~ (DMC NOVELS)
(2011/07/22)
柄本 和昭:作 アトラス:原作

商品詳細を見る

富士見ドラゴンブックの「キャサリン」といい、そんなに好きなら、さっさとゲーム買えって話ですが、
最近お金に余裕が出てきたので、購入検討してみようかと。
さて今回は、原作ゲームの数ヶ月前のお話。
CATHERINE ラプンツェル奇譚」(柄本和昭著/DMC NOVELS)
作品紹介

世間を騒がせる「連続衰弱死事件」にヴィンセントたちが巻き込まれていく、数か月前のこと。女に束縛されるのを嫌う男―ゲームプランナーのフレディは、“キャサリン”と名乗る新入女子社員に出会い、初めての恋愛に溺れていく。しかし同時に、彼の周囲には不可解な事件が起こりはじめ、毎夜ひたすら壁を登り続ける悪夢に苛まれていく…。過去と裏切りと女が交錯する、現実と夢の迷宮の果てに彼が見つけ出した答えとは―。大人気ゲームソフト『CATHERINE』の世界で展開する、オリジナル・サスペンスストーリー。

☆ 作中ゲーム「ラプンツェル」誕生の秘密。

キャサリン」の世界観で展開する、オリジナルストーリー。
内容は、ゲームの中で出てくるバー「ストレイシープ」に設置されているゲーム「ラプンツェル」の開発秘話・・・の裏で繰り広げられた悪夢の話。

主人公はゲーム会社でクソ上司に悩まされながら過ごすゲームプランナー・フレディ。
この辺はゲーム業界の現実が赤裸々に語られていて、実際もこういう実態なんだろうな~と思ったり。
この辺はゲーム会社に限らず、どこでも見られる光景。
私生活でも、恋人(?)ステラとの関係に悩んでおり、非常にクサクサしている状態。
そんなある日、得体の知れない存在に追いかけられ、ブロックの壁をひたすら昇る夢を見たフレディ。
それに呼応するように、フレディの元に新人プランナーと名乗る“キャサリン”という名の女性が現れる・・・。
相変わらず、キャサリンの色香がヤベーです。 でもこの小悪魔に関わってしまったことで、フレディが奈落に転落することに。
ヴィンセントの場合と違い、フレディは半分キャサリンにのめり込んだせいで、半分自分の歪んだ女性観のせいで、バッドエンドまっしぐら。 自分の身を守るためとは言え、他人をを蹴落として得たモノの代償は大きかった。 そして最後に衝撃の事実発覚。 コレは「キャサリン」というくくりを外しても、ちゃんとサスペンス小説になっているので、原作知らない人でも楽しめます。
ホント、女性の扱いには注意しましょう。

☆ 「キャサリン」に関連して・・・。

キャサリン 公式ビジュアル&シナリオコレクション ♀VENUS☆MODE♂キャサリン 公式ビジュアル&シナリオコレクション ♀VENUS☆MODE♂
(2011/08/10)
電撃プレイステーション編集部

商品詳細を見る


ホント買って良かったです、コレ。
未だにゲームは買ってないというのに(笑)。
キャサリンのあんな姿やこんな姿やら、それぞれのシナリオもバッチリ収録。
未だにゲーム買ってないというのに。
ああ、もうゲーム買わなくてもいいかもしんない(笑)。

総評

もう支離滅裂なレビュー(笑)。
とにかくコレだけは言わしてください。
私は「キャサリン」が大好きです!!

キャサリン 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/711-7ee34e87
    この記事へのトラックバック