とある飛空士への夜想曲(上)(ガガガ文庫)

2011年08月21日 21:26

とある飛空士への夜想曲 上 (ガガガ文庫)とある飛空士への夜想曲 上 (ガガガ文庫)
(2011/07/20)
犬村 小六

商品詳細を見る

「とある飛行士への追憶」のスピンオフ作品。
今回は「追憶」でシャルルと名勝負を繰り広げた、千々石武夫の物語。
彼の意外な過去と、「追憶」のその後が今、明らかに!?
とある飛空士への夜想曲(上)」(犬村小六著/ガガガ文庫
作品紹介

新たに紡がれる恋と空戦の物語、見参!

「美姫を守り単機敵中翔破一万二千キロ」その偉業を成し遂げたレヴァーム皇国軍の飛空士「海猫」の前に立ちはだかった最大のライバルにして、天ツ上海軍の撃墜王・千々石武夫。独断専行により一騎打ちを仕掛け、海猫に敗れた千々石は、再戦を胸に秘めていくつもの空戦場を渡る。「出てこい、海猫」激情の赴くままに撃墜を重ねる千々石のその胸中には、天ツ上の国民的歌手・水守美空の歌があった……。空前の大ヒットとなった『とある飛空士への追憶』の舞台、中央海戦争の顛末を描く、新たなる恋と空戦の物語。上下巻で登場!

☆ 「追憶」の舞台裏。千々石武夫はなぜ空を目指したのか。

前回レビューした「とある飛行士への追憶」のスピンオフ作品が、上下巻で登場。 下巻は近々刊行予定。
というわけで、「追憶」を読んでから読むべし。
劇場版のキャストが決まったため、読んでる間はサンドウィッチマンの富沢さんボイスで再生してました。

海猫との一騎打ちに破れ、力量を認めつつも、海猫との再戦を誓った千々石。
そんな彼の中には、若き日に夢を叶えることを誓い合った少女・吉岡ユキの存在があった。
千々石の意外な過去。 そしてある日、歌手・水守美空として活躍するユキが、千々石の所属する隊を訪れることに・・・。

千々石、サムライだな~。そして口下手すぎる(笑)。 でもストイックな男は同じ男として好きだな!! 
こういう奴にこそ、女の子とのボーイ・ミーツ・ガールが似合う気がする。
最近ヘタレな男キャラを見過ぎちゃっているせいか、こういうキャラは逆に貴重。 みんな少しは千々石を見習え(笑)。
千々石の若き日の苛酷な環境、そして吉岡ユキとの出会いに始まって、彼女と二人の時間が流れていきます。
そしてユキから聞かされた、飛行士への道。今の過酷な現状から脱却するため、一縷の可能性に賭けて超高倍率の試験に挑戦することになった千々石。 そしてその日から彼女との二人っきりの勉強の日々が始まった・・・。
この辺は犬村先生の独壇場。しっかりニヤニヤさせてくれます。 もうね、女の子と二人っきりで勉強とか、どんだけ羨ましいんだって話ですよ。

そして後半は「追憶」で海猫に敗れた後の話。
千々石の所属する部隊に、歌手・水守美空として活躍するユキがやってくることに。 
だが、当の千々石は彼女に会いたくない様子で・・・。
千々石よ、ストイックなのはいいけど、それはないって(笑)。 そりゃユキも怒ります。

終盤は見所の「真電」によるドッグファイト。
百戦錬磨の千々石が珍しく危機に。 と、そこへ、「追憶」ではあんまり活躍のなかった意外な人物がファインプレー。
最後には海猫に関する妙な引きで終わって、下巻が楽しみです!!

☆ 下巻ではついにVS海猫再び!?

それにしても下巻はどうなるんだろう?
千々石の望みどおり、海猫との再戦になるのかな?
そしてなんだか微妙なユキとの関係の行方は?

今回は「追憶」の舞台裏が分かってよかったですね。 映画を見る前にいい予習が出来ました。
来月、いよいよ下巻刊行です。 期待して待ちたいと思います。

総評

ところで「とある飛行士~」シリーズって、これからもぼちぼちスピンオフするのかな?
個人的には、犬村先生のガガガ文庫の新作が見てみたいところ。

とある飛空士への追憶 感想
とある飛空士への恋歌5 感想
とある飛空士への恋歌4 感想
とある飛空士への恋歌3 感想
とある飛空士への恋歌2 感想
とある飛空士への恋歌 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

  1. つかボン | URL | oYabFkKc

    犬村先生の描く男性主人公は本当に魅力的ですよね。
    シャルルのように誠実で男気あふれるキャラもいれば、カルのように頼りないけどついつい応援しちゃうようなキャラも。流行りとはいえ、鈍感で巻き込まれ体質で平凡が一番とか言っちゃう無個性主人公よりは、どんな方向にでもいいから突出したキャラ性を備えてる主人公の方がやはり魅力的に映ります。

    私は下巻が出てから一気読みしようと思ってるので、来月が楽しみでうずうずしております。

  2. naomatrix | URL | -

    Re: タイトルなし

    >つかボンさん
    そうですよね。これからはそういう主人公の方が好まれるでしょう。
    正直、無個性主人公にはうんざりしていたところなんで、状況が変わってきて欲しいところです。
    私も下巻が楽しみです!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/705-524c3505
この記事へのトラックバック