とある飛空士への追憶(ガガガ文庫/小学館単行本)

2011年08月20日 00:11

とある飛空士への追憶とある飛空士への追憶
(2011/08/09)
犬村 小六

商品詳細を見る

10月1日の劇場版アニメ「とある飛空士への追憶」公開に合わせて、
ガガガ文庫で刊行された物が、加筆・訂正を経て単行本化。 表紙も単行本らしく一新しての登場です。
「サマーウォーズ」のマッドハウス制作ということで、かなり期待しております!
とある飛空士への追憶」(犬村小六著/ガガガ文庫小学館単行本)
作品紹介

話題の映画原作本、新装版で一般発売!

傭兵飛空士・シャルルは、流民上がりである自分が未来の皇妃ファナを本国まで送り届けるという荒唐無稽な指令に我が耳を疑った。圧倒的攻撃力の敵国戦闘機「真電」が、シャルルたちの搭乗する複座式水上偵察機「サンタ・クルス」に襲いかかるなか、ふたりは無事本国まで辿り着けるのか? そして、飛行中に芽生えたシャルルとファナの恋の行方は――!?
蒼天に積乱雲がたちのぼる夏の洋上にきらめいた、恋と空戦の物語。

ライトノベルとして2008年に発売した直後から口コミで話題となり、2008年Amazonエディターランキング1位、2008年Amazon売り上げランキング6位、2009大学読書人大賞2位など、すばらしい評価を受け続け、ついに今秋アニメ映画として全国ロードショー。

☆ ふたりが織り成す、ひと夏の恋と空戦の物語。

マッドハウスが贈る最新劇場版アニメの原作。文庫読もう読もうと思ってたら単行本になって刊行されました。
監督は違いますが「サマーウォーズ」「時をかける少女」と同じく、やっぱり「夏」「恋」「戦い」は外さないですね。

読み終わって思ったことは・・・
なんだこの甘酸っぱい内容は!!(笑)。
いや、分かってましたよ。 著者はあの「とある飛行士への恋歌」の犬村先生ですから。
劇場版にふさわしい、超王道ラブストーリーでした。 いや~、これは映画売れなきゃダメだろ。
前半部分がほぼ全てシャルルとファナの二人の、サンタ・クルスでのやりとり。
ファナが徐々にシャルルに心を開いていく過程はベタベタだけど、夏の空と海をバックに展開する話としては実にスクリーン映えしますな~。
もちろん戦闘機同士のドッグファイトも抜かりなし。二人のやり取りの間に戦闘が挟まれることによって、二人の明るいやり取りがほんの一時のものなのだという緊張感があって大変よろしい。
千々石との一騎打ちも敵ながら天晴れなオチで、爽快感が残るいいシーンでした。というかこの作品、爽快感しかないぞ。
サンタ・クルスでの旅の最中、幼い頃の記憶をお互いに確かめ合い、徐々に惹かれていく二人・・・。
しかしシャルルはこの任務が終わったら、ファナと離れなくてはならない・・・。
もうズルイよ。こんなベタのつるべ打ちなんて(笑)。
ベタは重ねていけば立派にものになる、ということを証明する一作。

でも電撃文庫の「アリソン」とかもそうだけど複座式の飛行機ってちょっと憧れる物があります。しかも後ろに乗ってるのが姫様ですよ・・・。もうこれはテンション上がっちゃいますよ。男としては。
「サンタ・クルス」の戦闘シーンももちろん注目ですが、ちょっとロードムービーっぽい雰囲気があって癒されます。あ~、早く10月になってくれ~。

☆ 劇場版キャストについて。

とりあえずキャストは発表されてるので、ちょっとコメント。
主人公のシャルルは、「サマーウォーズ」「借り暮らしのアリエッティ」の神木隆之介君。もうすっかり劇場版アニメ声優としてのポジションを確立した感がありますね。
ファナ役は、「グラビアJAPAN2010」でグランプリを獲得した新人・竹富聖花さん。 演技経験があるのか微妙なところですが、いい演技してもらいたい。
そして今回私にとって一番のサプライズだったのが、千々石役の富沢たけし(お笑いコンビ・サンドウィッチマン)。
前々から言ってるんですが、私サンドウィッチマンの大ファンで、単独ライブのDVDも発売された奴は全部見てるんですが、
今回「とある飛行士への追憶」に声優として出演すると聞いて、スタッフの炯眼に感心しましたよ。
確かにトミー(富沢さんの愛称)のあの低音ボイスは、声優向きかもしれない。千々石は出番はあまり無いけどそこそこ重要な役どころ。トミーすごいな!! 彼には声優の仕事がもっと来てもいいと思うんだけどな~。

スタッフの話に移ると、キャラデザが松原秀典さん。 画集も持ってるくらい、好きなお方。
脚本は「サマーウォーズ」の奥寺佐渡子さん、と来たら、もう期待せざるを得ません。
あと1ヶ月半・・・・本当に待ちきれないです!!

総評

原作読んでしまったけど、それでも見に行きたいな。
映画館調べてみたら、いつも行ってるところでやらないみたいなんで、どうしたものか・・・。

とある飛空士への恋歌5 感想
とある飛空士への恋歌4 感想
とある飛空士への恋歌3 感想
とある飛空士への恋歌2 感想
とある飛空士への恋歌 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

  1. 神坂 | URL | 57KqK1BU

    はじめまして!

    はじめまして!
    突然ですが、相互リンクしていただけませんか?
    まだブログはじめたばかりなんですが、ここのブログで私の好きな本がたくさん紹介されて気になりました。
    できればよろしくお願いします!


  2. naomatrix | URL | -

    Re: はじめまして!

    >神坂さん
    相互リンクOKです!
    これからよろしくお願いします。
    地道に頑張ってください!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/704-5f5dabc8
この記事へのトラックバック