--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニーナとうさぎと魔法の戦車3(集英社スーパーダッシュ文庫)

2011年07月14日 21:33

ニーナとうさぎと魔法の戦車 3 (ニーナとうさぎと魔法の戦車シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ニーナとうさぎと魔法の戦車 3 (ニーナとうさぎと魔法の戦車シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2011/06/24)
兎月 竜之介

商品詳細を見る

集英社SD文庫の、個人的一番の有望株シリーズ第3弾!!
テオドーレの研究所から逃げ出してきた謎の少女・アリスの秘密とは!?
ニーナとうさぎと魔法の戦車」(兎月竜之介著/集英社スーパーダッシュ文庫
作品紹介

温泉旅行に出かけた私立戦車隊・首なしラビッツの面々。久しぶりの休暇に羽を伸ばす一行には、妖精のような儚い美しさをもつ少女が同行していた。少女の名はアリス。ドクターのもとでメイドとして働く彼女は、テオドーレの事件で研究所から脱出し、ラビッツに救助を求めた人物だった。ドクターの命令でラビッツと同居することになったアリスだが、なぜかみんなから距離を置くように振る舞う。アリスと友達になりたいと思うニーナも、彼女から強烈に拒否されてしまう。これにはアリスの過去と驚くべき秘密が関係していて…?第9回SD小説新人賞大賞シリーズ、第3弾。

☆ ニーナは今度こそ“友達”を作れるのか!?

前回テオドーレの研究所から逃げ出し、首無しラビッツ助けを求めてきた少女・アリス。
久しぶりの休暇に一行で温泉旅行をするも、ラビッツの面々と距離を置こうとする彼女。
なんとか彼女と友達になりたいと考えるニーナ。だがアリスがやってきてからラビッツ近辺の物がなくなる事件が発生し・・・。そしてある夜、ニーナはアリスが一人で森に入っていくのを目撃する。そこでニーナが見たものは・・・・・・。

新キャラ・アリス登場。相変わらずBUNBUN氏のイラストが美しいです。
こういうすぐ謝っちゃう子ってイイな~。守ってあげたくなります。
ただこのシリーズ、新キャラには意外な正体と出自が付き物。というわけで当然アリスにもヘビーな過去が。
不遇な出自、テオドーレとの出会い、なぜテオドーレの研究所に行くことになったのか。
そして彼女の“野良戦車”に関する意外な能力。関係ないけど、犬型戦車が地味に可愛い。
回想ですが、テオドーレのイラストがあったのはよかった。ホント可愛いです、この市長。

今回もシリアスと友情と戦車バトルの配分が素晴らしい。集英社スーパーダッシュ文庫の中でも、というかラノベの中でもここまですっきりと“女の子同士の友情”を描いてる作品は珍しい。
はっきりと文章には書いてないけど、ニーナが友達を作ることに対して真剣なのがわかる。前回、テオドーレと友達になろうとして、あのような結末になってしまったのが分かってるからそう感じるのかもしれませんが。
ああ、マジで前回でテオドーレの出番が終わってしまったことが悔やまれる。

アリスの過去を知ってからは、自分の理想のためにアリスを抹殺しようと企むヴォルフの軍勢から彼女を守るため、ラビッツの攻防が開始されます。
ホント、みんな男前だな~(笑)
前回とは違い、ハッピーエンドに終わったのはよかったですけど、どうもアリスは儚げで、急にいなくなりそうな雰囲気が漂ってますな。そうならないように祈ってます。

☆ このシリーズはもっと評価されていいと思います!!

本気で今年の「このライトノベルがすごい!」で上位に来て欲しいこのシリーズ。
BUNBUN氏のイラストも申し分ないし、ストーリーもキャラクターもいいのでもっと注目が集まって欲しい!!
そしていつかアニメになってほしいです!!

総評

ホントに好きなんです。このシリーズ。
ラビッツの面々といい、ニーナ、アリス、テオドーレと魅力的なキャラが何人も。
もっと有名に、というのが切なる願いです。

ニーナとうさぎと魔法の戦車2 感想
ニーナとうさぎと魔法の戦車 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/682-a1a7efe3
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。