--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MM9

2010年03月09日 14:07

MM9MM9
(2007/12)
山本 弘

商品詳細を見る

今回は、山本弘氏の作品。
MM9」。

私が山本作品を初めて読んだのが、これだったんですよね。
怪獣小説という触れ込みで、読んでみたら意外にはまってしまって。
怪獣を自然災害として扱っているという発想が面白かったです。

地震、台風などと同じく自然災害の一種として“怪獣災害”が存在する現代。有数の怪獣大国である日本では、怪獣対策のスペシャリスト集団「気象庁特異生物対策部」、略して「気特対」が日夜を問わず日本の防衛に駆け回っていた。多種多様な怪獣たちの出現予測に正体の特定、そして自衛隊と連携するべく直接現場で作戦行動を執る。世論の非難を浴びることも度々で、誰かがやらなければならないこととはいえ、苛酷で割に合わない任務だ。それぞれの職能を活かして、相次ぐ難局に立ち向かう気特対部員たちの活躍を描く、本格SF+怪獣小説

有川浩氏の「空の中」といい、私、結構この手の作品を読んでますね。
これ読んだ方で、いい怪獣小説知ってるという方は、ぜひコメントください。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/68-49ed710c
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。