神様のメモ帳3(電撃文庫)

2011年06月27日 22:23

神様のメモ帳〈3〉 (電撃文庫)神様のメモ帳〈3〉 (電撃文庫)
(2008/06/10)
杉井 光

商品詳細を見る

前回、前々回とマジメに解説しなかった気がするので(笑)、今回はちゃんと。
帰ってきた彩夏との関係に戸惑うナルミに園芸部創設に関する事件が!?
そして事件の真相を隠しているテツさんと殴り合いをすることに・・・・・・。
神様のメモ帳」(杉井光著/電撃文庫
作品紹介

彩夏が戻ってきた。冬の事件の後遺症で、僕との過去をみんな忘れて―。ぎこちない関係のまま、僕らが昔通りの園芸部の活動を再開した矢先、僕は生徒会長に呼び出される。「園芸部は廃部にするから」廃部の理由である、設立時のうさんくさい経緯を調べていくうちに、四年前の不可解な生徒死亡事件が浮かび上がる。その容疑者は、テツ先輩だった。口を噤み協力を拒否するテツ先輩とニート探偵団を敵に回しアリスと僕は捜査を始める。はたして事件の真相は、そして彩夏と僕の居場所である園芸部の存続は?緊迫のニートティーン・ストーリー、第3弾。

☆ 園芸部が廃部!?ナルミは園芸部創設に関わる事件を捜査することに・・・。

もうすぐアニメが開始する、ニート探偵シリーズ第3弾。
個人的には最初の「アリスの一日」っぽいのがイイ!
ホントーにダメダメ人間ですね・・・、でもソコに萌える。

「エンジェルフィックス事件」の舞台として使われ、いわくが付いてしまった園芸部に廃部の危機が。
生徒会長に設立時の胡散臭い経緯を指摘され、ナルミはピンチに。
その経緯を調べるうちに、4年前の不可解な生徒死亡事件が浮かび上がってきたが、その事件の容疑者はテツ先輩で!?
しかも生徒会長は事件で死亡した生徒の妹で・・・・・・。
ニート探偵団の協力が得られない中、ナルミとアリスがたどり着く園芸部に秘められた事件の真相とは!?

1,2巻とヘタレ主人公のテンプレを地で行くナルミに、アニメで共感が集まるのか早くも心配。
とはいえ、この巻になるとナルミも少しは男らしいところを見せるようになります。まだまだヘタレなところはありますが・・・・・・。
彩夏が帰って来て、以前とは違うけど少しずつ元に戻ってきた日常。
でも記憶が戻りそうになるたび、「エンジェルフィックス」事件の影が・・・・・・。
そんな中での、園芸部廃部の危機。
なぜ園芸部を残したいのか?
その答えを模索するナルミにちょっとだけ成長を見ましたね。以前だったらもっとグズグズしてたと思う。
でもそれ以上にナルミが変わったなと思ったのは、テツ先輩との決闘シーン。
アリスからは「無駄」だと罵られ、彩夏からも危険だと心配される始末。
だけど、男のプライドと園芸部のために、テツ先輩とのボクシングタイマン勝負に挑むナルミ。
まさかラノベでボクシング対決が見られるとは思わなかったよ。いいよな~こういう男の対決って。
このシリーズ、アリスも可愛いんだけど、男連中の妙な男らしさに惚れるな~。
アリスたちがどう思おうと、男とはメンドクサイ生き物なのだよ(笑)。
正々堂々じゃないかもだけど、相手の弱点を突くのは定石ですね。
ガチ対決して勝つ、という展開もありだけど、それはちとナルミにはハードルが高いか。

☆ 明かされる園芸部創設の秘密と、4年前の事件の真相。

う~ん、切ねえなー。
何より犯人に「殺すつもりがなかった」ってところが。
一応の決着は見たけど、こういう結末でよかったのか?というのはちょっとある。

しかし、なんだかんだで上手いんだよな~、ストーリーが。
アリスといい、ニート探偵団といい、キャラもいいし。「このラノ」作品部門10位になっただけある。
キャラクターの比率的に、女性にも人気が出そうですな。男多いし。
見た目とストーリーのギャップに初見さんは戸惑いそうなのが気になりますが、とりあえず今はアニメの出来に期待しましょう。
総評

杉井先生、他のレーベルでも作品を書いてらっしゃるので、そっちも気になるところ。
アニメどうなるか。

神様のメモ帳2 感想
神様のメモ帳 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/670-bdda8a2e
    この記事へのトラックバック