変態王子と笑わない猫。2(MF文庫J)

2011年06月15日 23:43

変態王子と笑わない猫。2 (MF文庫J)変態王子と笑わない猫。2 (MF文庫J)
(2011/01/21)
さがら 総

商品詳細を見る

前回ものすごく面白かったこの作品。
今回も面白いですが、唯一不満なのが、表紙の梓が一番出番がないという事実・・・・。
変態王子と笑わない猫。」(さがら聡著/MF文庫J
作品紹介

夏が終わる。十六歳のたった一度きりの夏が。いったいぼくは何をして過ごした というのだろう? 大いに焦る横寺陽人は、今日も今日とて空回り。月子に振ら れ、小豆に振られ、ポン太に振られ――自宅までも消滅した! なんで? どうし て? どういうこと!? 雷雨のなかにひとり、なにもかも喪って、どこに行くあ てすらもない。「それなら先輩。今夜は、わたしの家に泊まるですか」「あ、う ん。うん?」……夏の終わりの台風日和。最後の最後に、最高のホームランイベン トが待っていた! 風呂場の裸。縛られる布団。落ちる手錠。破られる衣服。そ して――土蔵に潜む猫? 早くも人気沸騰の爽やか系変態青春ラブコメ第二弾! バイバイ、ぼくの初めて――

☆ 家が消えた!?月子の家で同棲生活スタート!?(鋼鉄の王付き)

「まよチキ!」でもあったな。家がなくなって人の家に泊まるって展開。
夏のある日、家族が不在の間に横寺の家が原因不明の消失を遂げる。
帰る家がなくなってしまい途方にくれる横寺は、月子の提案で彼女の家に泊まることに。
さっそく都合のいい変態思考を爆発させる横寺だったが、彼はすっかり忘れていた。
この家には妹LOVEの暴力美少女、“鋼鉄の王”こと月子の姉のつくしが一緒に住んでいることを・・・・。

謎の自宅消失により、月子の家に泊まるという流れはベッタベタですが、
そのベタがベタに感じないから不思議。変態変態しててもどこか爽やかなんですよね。
それにしても今回はつくし姉さん大活躍の回でした。
未だに横寺に弟がいると勘違いしてたのか(笑)。
相変わらず月子と横寺がくっついているのを見ると、暴君モード突入ですね。やっぱりおもしれーなー。
横寺とのトレーニング風景がとってもヤラシイ感じに見えるのはなぜだろう(笑) 腹筋するたびに喘ぎ声とか反則!
さらに今回は、横寺(弟)?と月子を引き離すため、彼を篭絡して自分になびかせようとあの手この手で横寺に迫りまくります。妹と違いナイスバディ、その上浴衣姿でウィンクして優しく迫るつくし・・・・。
さらに夜中に横寺の部屋へやってきて彼を押し倒し・・・・・。
やばいって。サービスシーンがてんこ盛り過ぎる。
その上、寝言で妹を失いたくない寂しさを涙ながらに吐露するとか、可愛すぎるっ!!
まあ、妹をガチに愛しすぎて、いろいろ間違えているところには大笑い。
この人もなかなかに変態だな!

一方、小豆梓は出番が若干少ないものの、少ないなりに印象に残るシーンがいっぱいありました。
ベッドに手を手錠で拘束されて水着姿で横になってるとか、どんな変態プレイですか(笑)
そして横寺の手が彼女の腹に・・・・。涙目でびくっとなる彼女。
しかも無駄にカントクさんのイラストが美麗。水着のアソコのしわとか・・・・ヤベー変なスイッチ入っちゃううう!!
というか、動物好きすぎて嗅覚が鋭くなったりしてきているのはヤバイだろ。

そしてもう一人のヒロイン・月子は相変わらずの毒舌オンパレード。
横寺のアレなDVDコレクションに対しては、容赦なくSっぷりを発揮。
といっても今回は、彼女の意外な一面が見られました。
まさか横寺の服を○○しちゃうなんて・・・。発見されて赤くなったところがまたなんとも。

☆ 家消失の謎と、土蔵の猫像。そして屋敷に訪れる異常現象!

後半はいろいろ急展開。つくしの放ったある一言を土蔵の猫像が聞き入れてしまい、屋敷が洪水のピンチに!!
4人でなんとか対処しようとするが・・・。
つくしはキャンセルするように願ったと言うのだが、洪水はちっとも収束する気配がなく・・・・。
この作品忘れそうですが、こういうスーパーナチュラルがあります。

それにしてもこの作品。ラブコメの皮かぶってるけど結構シリアスな要素がフッと顔を出すんですよね。
前回といい今回といい。
ヒロイン3人娘にしても、なんかどこか憂いがあるというか弱みを見せる瞬間があるんです。
どうも私、いつも強気の女の子がふと垣間見せる弱みアピールに弱い(笑)。だからホントご馳走様でした。
推測ですけど、変態変態してるのに読後感が爽やかなのは、ギャグがセンスいい以外に、こういうところにも理由があるような気がします。

総評

ラブコメ、というには凄い読後感の爽やかな本作。
といっても主人公の変態な思考は相変わらず笑わせてくれます。
ラノベとして非常に良作。

変態王子と笑わない猫。 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/662-3588eeac
    この記事へのトラックバック