--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼宮ハルヒの驚愕(前)(角川スニーカー文庫)

2011年06月01日 17:51

涼宮ハルヒの驚愕(前)涼宮ハルヒの驚愕(前)
(2011/06/15)
谷川 流

商品詳細を見る

お待たせしました!!ついに4年ぶりの最新刊!!
もう一つのSOS団と新入部員、二つのストーリーはどう展開するのか!?

涼宮ハルヒの驚愕(前)」(谷川流著/角川スニーカー文庫
作品紹介

SOS団の最終防衛ラインにして、その信頼性の高さは俺の精神安定に欠かさざる存在であるところの長門が伏せっているだと? 原因はあの宇宙人別バージョン女らしいんだが、そいつが堂々と目の前に現れやがったのには開いた口も塞がらない心持ちだ。 どうやら、こいつを始めとしたSOS団もどきな連中は俺に敵認定されたいらしいな。 上等だ、俺の怒髪は天どころか、とっくに月軌道を超えちまってるんだぜ? 待望のシリーズ第10弾!

☆ ついに刊行された4年ぶり最新作!!二つの世界はどう重なるのか!!

待ちに待った最新作「涼宮ハルヒの驚愕」。ついにコレをレビューする日が来ました・・・・。
みんな思ってることだろうけど、本当に長かったな~。
今回と次回はしっかりレビュー書いちゃうよ!!
前回に引き続き、αとβの二つの展開が交互に語られます。
という訳で、絶対に『分裂』で復習してから読み始めること!!

αルート

佐々木さんともう一つのSOS団に初遭遇してから、何か動きがあるかと心配していたキョンだったが、
これといって何も起こらず、高校二度目の春を過ごしていた。
ハルヒはといえば、新入団員獲得のため、やってきた1年生に対し選抜試験なるものを開催していた。
アンケートみたいなペーパーテスト、耐久マラソン大会などで、徐々にふるい分けられていく1年生。
だが張り切るハルヒを横に、キョンはなんとも言えないモヤモヤを抱えていた・・・。
そんな中、唯一ハルヒによる選抜を潜り抜け、ハルヒを驚かせた一年生がいた。
スマイルマークの髪留めが印象的な、その明るい女子の名は、渡橋ヤスミ。
だがキョンは、ヤスミとどこかで会った様な気がしていて・・・・。


ここに来て新キャラ登場。
スマイルマークの髪留めが印象的な一年生・渡橋ヤスミ。
古泉によると「ただの一般人」だと言うのだが・・・
どう見ても只者ではなさそうな彼女の正体は。(後)でそれが明かされるのでしょうか?
βルートの波乱の連続に比べて、ヤスミが登場したことを除くと不気味なぐらい何も事件が起きないこのルート。
何か大きな事件が起きそうですが・・・



βルート

長門が風邪で寝込んでいることを聞いたハルヒたちは、長門のマンションへ急行することに。
特性野菜スープを作ったりと甲斐甲斐しく世話するハルヒは、長門が回復するまで当面のSOS団の活動を停止すると宣言。
ハルヒと朝比奈さんたちは当面長門のお見舞いを続けることに。
長門からメールを見たキョンは外へ、そしてハルヒの本音を聞いたあの踏切で、周防九曜に遭遇する―――。
いきなり襲い掛かって来た九曜からキョンを救ったのは、『消失』事件以来顔も見たくなかった“あの女”で―――。
喜緑さんの協力もあって、なんとか危機を脱したキョンは、長門の不調の原因である九曜に話をするため、
三度“もうひとつのSOS団”と接触を図ることに・・・・。
キョンの戦いが始まった・・・・。


どういう訳か、キョンがやたらカッコいいです(笑)
まさかの、長門のバックアップのあの人再々登場。
忘れた頃にやってきますね、この人は。この調子だとこの先も出番がありそう。
キョンは自分がヘタレであることを認識しますが、しょーがないよ、周り人外ばっかりだもん(笑)。
ただそんなヘタレのキョンでも、藤原たちに一歩も引かない交渉の姿勢を見せるところはイイ!!
佐々木さんもなかなかいい人だし、見せ場が多かったです。
どうやら“もう一つのSOS団”では藤原が主導権を握ってるっぽい。
キョンにとっても相手に不足なし。いかにも悪役なコイツが(後)ではどうなるのか。
その他にも、『消失』の時の谷口が言っていた彼女が、あの人だったり(似合わね~)。
いろいろ今までの伏線が回収されております。ああ、読み返しておいてよかった。



こういうストーリーの展開なので、一方のルートでした会話が、もう一方のルートでシチュエーションを変えて行われたり、
面白いです。
でも半分読んでも、さっぱり先の展開が分からん(笑)
ただ間違いなく『消失』と同じかそれ以上の神回になる匂いはプンプンします。


☆ ハルヒの可愛さと、ハイスペックぶりを再認識。

それにしても今回思うのは、ハルヒのイイ奴っぷりです。
この劇場版のジャイアンみたいな変わりぶり(笑)
少なくともこの巻だけ読んだら、ハルヒメチャクチャいい子ですよ。
長門の世話を自ら進んで行ったり、野菜スープ作ってあげたり、ここだけ見たらいいお嫁さんになれそう(笑)。
それと今まであまり語られなかった、ハルヒの両親のことが語られましたね。
母親が味オンチなので、小学生の頃から自分で料理するようになったというハルヒ。
勉強といいしっかりしてるな~、性格以外は。

どうやら(後)ハルヒに危機が訪れるっぽい。
これから読みます!!

総評

謎の新入部員、もう一つのSOS団との静かな戦い、見所いっぱいでヤヴァイです!!
感想は(後)を読んでからまとめてしようかと思います!

涼宮ハルヒの分裂 感想
涼宮ハルヒの憤慨 感想
涼宮ハルヒの陰謀 感想
涼宮ハルヒの動揺 感想
涼宮ハルヒの暴走 感想
涼宮ハルヒの消失 感想
涼宮ハルヒの退屈 感想
涼宮ハルヒの溜息 感想
涼宮ハルヒの憂鬱 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/646-8091b1c1
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。