--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼宮ハルヒの退屈(角川スニーカー文庫)

2011年05月20日 23:00

涼宮ハルヒの退屈 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの退屈 (角川スニーカー文庫)
(2003/12)
谷川 流

商品詳細を見る

今回はシリーズ初の短編集。
1巻から2巻に至るまでの、SOS団が巻き込まれた騒動とは!
涼宮ハルヒの退屈」(谷川流著/角川スニーカー文庫
作品紹介

ハルヒと出会ってから俺はすっかり忘れた言葉だが、あいつの辞書にはいまだに“退屈”という文字が光り輝いているようだ。その証拠に俺たちSOS団はハルヒの号令のもと、草野球チームを結成し、七夕祭りに一喜一憂、失踪者の捜索に熱中したかと思えば、わざわざ孤島に出向いて殺人事件に巻き込まれてみたりして。まったく、どれだけ暴れればあいつの気が済むのか想像したくもないね…。非日常系学園ストーリー、天下御免の第3巻。

☆ 野球大会、七夕、人探し、殺人事件・・・・SOS団に休息の時はなし。

今回は短編集。
時間が少し戻って1巻から2巻までの騒動を描いてます。

涼宮ハルヒの退屈

ハルヒの発案で野球大会に参加することになったSOS団。
1回戦から、強豪の上ヶ原パイレーツと対戦することになってしまった。
鶴屋さん、谷口、国木田、キョンの妹も巻き込んで、やる気なく試合が始まったが、
ハルヒの機嫌が悪くなって閉鎖空間が発生し、なんとしても試合に勝たねばならなくなってしまい?!
あの手この手で秘策を打ち出すSOS団に、笑いが止まらないです。

笹の葉ラプソディ

七夕。朝比奈さんからの要請で3年前に行くことになったキョン。
朝比奈さん(大)の導きで中学校に行くと、そこには中学1年生のハルヒが?!
ハルヒがキョンのいる高校に来る理由と、3年前の騒動の裏側。
何気に次回の「消失」の伏線になってたりする重要な回。

ミステリックサイン

SOS団サイトのロゴを考えたハルヒは、キョンにロゴをサイトのトップに表示するように命令する。
その後、朝比奈さんが喜緑さんという相談者を連れてくる。
なんでも彼氏だというコンピューター研の部長がここ最近失踪してしまったのだという。
早速調査に乗り出すSOS団だったが・・・。
谷川先生曰く、執筆最短記録の話。たしかにそうだ。

孤島症候群

古泉の招待で、孤島にやってきたSOS団。
クローズドサークルを熱望するハルヒだったが、なんだかんだで孤島生活を満喫するSOS団のメンバー。
ところが、宿泊している館で殺人事件が発生して?!
キョンの推理を聞いた後で、もう一度最初から読むことをオススメします。

短編としてもスポーツ、タイムスリップ、異次元、ミステリーとバラエティ豊か。
というかこのシリーズ、短編の方が向いているような気がするのは、私だけ?

☆ 鶴屋さん初登場(?!)、森さん、新川さんも。

時系列的には、鶴屋さんはこのときが初登場。
森さん、新川さんは「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」の活躍の方が印象が強いんですよね(笑)
驚愕では活躍があるのか。
なんか最近ずっとコレしか言ってないですね・・・。

やっぱり短編だとアイデアストーリーっぽい作品が多いですね。
「笹の葉ラプソディ」のタイムスリップのアイデアは、なかなか思いつかないと思います。
このSF的アイデアが、次回もっと大規模で繰り広げられるわけですが・・・。

総評

短編としても出来のいい作品が多いこのシリーズ。
次巻はライトノベル史に残る名作「涼宮ハルヒの消失」です。

涼宮ハルヒの溜息 感想
涼宮ハルヒの憂鬱 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/631-d4e232f2
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。