サクラコ・アトミカ(星海社FICTIONS)

2011年05月19日 21:57

サクラコ・アトミカ (星海社FICTIONS)サクラコ・アトミカ (星海社FICTIONS)
(2011/04/15)
犬村 小六、片山 若子 他

商品詳細を見る

初、星海社FICTIONS
ガガガ文庫「とある飛行士への恋歌」シリーズの、犬村小六先生のボーイ・ミーツ・ガール・ファンタジー!!
サクラコ・アトミカ」(犬村小六著/星海社FICTIONS
作品紹介

「――サクラコの美しさが世界を滅ぼす」

狂気の科学者ディドル・オルガによって畸形都市・丁都に囚われた美貌の姫君、サクラコ。七つの都市国家を焼き払う原子の矢は、彼女の"ありえない美しさ"から創られる。
囚われの姫と彼女を守る異形の騎士・ナギが密かに心を通わせ始めたそのとき、サクラコ奪還のための刺客が帝都に侵入する──。
犬村小六の新たなる代表作にして、勇気と希望のボーイ・ミーツ・ガール。ここに開幕!

☆ 異形の少年と少女の、出会いと恋と戦い。

ウェブ上でやってたなんて・・・・orz。
相変わらずnaomatrixのアンテナは役に立たんですな・・・。
ついこの間完結した「とある飛行士への恋歌」シリーズの犬村先生の最新作。
読む前からすごい楽しみでした。片山氏のイラストの美しさに惚れ惚れしながら、読み始める。

読み終わって早々、一言言っていいですか?
誰か映画にしてください!!
言いすぎかな?でも、少なくとも私の中ではスクリーンでずっと映像が流れてましたよ!!
いや~、すごい直球ど真ん中なボーイ・ミーツ・ガール。

狂気の科学者オルガによって丁都に囚われた美しき姫君・サクラコ。
ある日自ら命を絶とうと飛び降り自殺を図るも、彼女の警護をしていた異形の騎士・ナギに助けられる。
そしてその日から、ナギとサクラコは徐々に心を通わせるように―――。
ところが、サクラコの故郷から彼女を連れ戻すため、密かに丁都に侵入した者がいた・・・。

一方丁都の外、巡空艦「白雪」に乗る偵察任務主任参謀・ユキノは、陸上部隊と巨大な人型の怪物“幻妖”との凄絶な戦いを目にする!“幻妖”は圧倒的な力で陸上部隊に襲い掛かり・・・。

このサクラコ、ナギのパートと、ユキノのパートが交互に語られるわけですが、
一見繋がりが見えない二つのストーリーがどう繋がるかが、このストーリーの見所。
こういう構成に耐性がない人は、結構ビックリするかも。
といっても、勘のいい人なら展開はある程度わかると思います。
ただ、ナギのあのミスディレクションは、あんまりうまいと思わなかったな~。

とはいえ、ファンタジーとしては非常に迫力あります。
ナギ・サクラコの奇妙でグロテスクな生い立ち。
ナギの戦いしかなかった人生。サクラコと出会ったことで徐々に“こころ”に目覚めていく・・・。
サクラコとの遊園地デートもなかなか。
最後の決戦(ネタバレになるので、ここをあんまり描写できない!!)はホントスクリーンで見たい!!
ラストはもう詩情すら感じます・・・。
サクラコとナギの、超剛速球なボーイミーツガールを堪能してください!!

☆ 犬村先生の新たな代表作、の文句に偽りなし。

これはいい作品ですよ。犬村先生はまた一つ代表作を作りましたね。
「とある飛行士への追憶」が映画化されるわけだけど、こちらも映画化を希望。

総評

こういう作品がこれから増えていくとなると、「星海社FICTIONS」の見通しは明るい!!・・・と思う。
そうなってほしいな~。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

  1. つかボン | URL | v14okzU2

    犬村先生は今乗りに乗ってる作家さんの一人ですからね。ラノベ界だけでなく、出版界で注目を浴びている作家さんだと思います。

    サクラコの映画化は私もぜひ希望したい。まあ、まだ最後まで読めていないのですがw というか、犬村先生の作品はどれも映像化に値する名著ばかりではないでしょうか。というのも、犬村先生の文章ってすごく流動的なんですよね。読んでいると、頭の中で情景がスライドしていくんです。おそらく犬村先生の目には、まるで映画を上映しているかのように物語が一連の流れの中で動いて見えるんでしょうね。

    WEBで終盤まで読めているからと余裕ぶっこいてたら時間が経ちすぎちゃいましたw
    私もそろそろ読み終わろうと思います。
    7月には飛空士シリーズの最新作も出ますし、秋には映画もあって、今年は犬村小六な一年になりそうですね。

  2. naomatrix | URL | -

    Re: タイトルなし

    > つかボンさん
    そうですよね。あの2大怪獣世紀の決戦はスクリーンで見たいですよね。

    というか「とある飛行士」シリーズの新作が出るんですね!!
    またしても知らなかった・・・・。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/630-50b2781f
この記事へのトラックバック