15×24 link three 「――裏切者!」(集英社スーパーダッシュ文庫)

2011年04月25日 10:48

15×24 link three 裏切者! (集英社スーパーダッシュ文庫)15×24 link three 裏切者! (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2009/10/23)
新城 カズマ

商品詳細を見る

前半戦終了の第3巻。ついに15人の中から死人が・・・・。
ドサクサにまぎれて、巨乳アイドルのマネージャーが誘拐事件を起こしたり、放火されたり、バスジャック発生と、どんどん話が大きくなって?!
そして笹浦たちは、刑事からある“都市伝説”について話を聞く・・・。
15×24 link three 「――裏切者!」」(新城カズマ著/集英社スーパーダッシュ文庫
作品紹介

「――裏切者!」 ついにサスペンス始動!
〈17〉とネット心中を図るため、徳永準は〈捜索隊〉の包囲網から再び脱出に成功。彼の噂は巨大な都市伝説と化す。一方、謎の男・ファブリも《名簿》の入った携帯電話を奪回すべく暗躍を開始する!

☆ 刑事が追う都市伝説・・・・・そして徳永自身も都市伝説へ・・・・。

な、なんと枯野が・・・・・ついに死人が出てしまいました・・・・。しかし、幽霊になっても枯野パートは終わらないようで?!

3巻だけど、もうnaomatrix的には、殿堂入り確定ですよ。
新城カズマ先生、恐れ入りました・・・。

ラノベの範疇をとっくに凌駕しているのはもちろんのこと、サスペンス小説としても一級品過ぎる。
先が読めなさ過ぎて、マジでハラハラしてます・・・。

枯野の死を目の当たりにして、徳永の自殺を阻止することを堅く誓う亜希穂。さて彼女はこの後どうするのか・・・・。
一方、警察に連行された笹浦は、刑事から「徳永は家にいる」と聞かされ?!
脅されていたとはいえ、こんなことを言っちゃう親ってどうなのよ・・・。ファブリがいなくても、ひょっとしたら徳永の親はこう言ったんじゃないかと予想できるのが怖い。
そして刑事から、ある刑事と“都市伝説”の話を聞かされる・・・。
どうもこの都市伝説が後半の展開に影響してきそうですね。ファブリとの関係も気になるところ。

そしてまた一方では、在所がオサリバン・愛のマネージャーに誘拐されていて?!
こっちもまた唐突に始まりましたね。2巻から思ってましたけど、こういうB級犯罪が連鎖して起こる様は楽しいな~。美園さんの目的も気になるところ。オサリバン・愛のこれからの反応に注目。

そしてそしてそのまた一方では、藤堂に拘束された徳永が、同じく捕らえられた歩乃果の提案で、脱出するための行動を開始する。徳永の自殺を手助けしたいと彼女が願っていなかったら、彼女いい人だな~で終わってたんですが・・・。
彼女の目論見は上手くいくのか?!
藤堂と徳永の温泉での議論は注目だな。徳永のヘタレっぷりと自意識過剰な割りに頭の悪いところがモロに分かる瞬間。
典型的なシンジ君タイプの彼には、どんな運命が待っているのか・・・。

一方、一時忘れ去られていた三橋は、ファブリと共にバスジャックをしていた?!
スゲーな・・・・こんな調子でまとめられるんだろうか?新城先生は・・・・。

☆ 新城カズマ作品について③

天のほとりの愚神ども―ジェスターズ・ギャラクシー〈1〉 (富士見ファンタジア文庫)天のほとりの愚神ども―ジェスターズ・ギャラクシー〈1〉 (富士見ファンタジア文庫)
(2002/07)
新城 カズマ

商品詳細を見る


イスベルの戦賦(うた)―“天の踵”よ、来たれ (ファミ通文庫)イスベルの戦賦(うた)―“天の踵”よ、来たれ (ファミ通文庫)
(2003/06)
新城 カズマ

商品詳細を見る


新城先生のライトノベル作品。わーお、見事に古いですね(笑)
でも、気になるな・・・・古本屋へ行けばあるかな・・・。

総評

まだ半分ですが、大傑作です!!(笑)
これがこの先、大大傑作になるのか・・・・。

15×24 link two 大人はわかっちゃくれない 感想
15×24 link one せめて明日まで、と彼女は言った 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/603-57278216
    この記事へのトラックバック