15×24 link one せめて明日まで、と彼女は言った(集英社スーパーダッシュ文庫)

2011年04月23日 10:52

15×24 link one せめて明日まで、と彼女は言った (集英社スーパーダッシュ文庫 し 5-1)15×24 link one せめて明日まで、と彼女は言った (集英社スーパーダッシュ文庫 し 5-1)
(2009/09/25)
新城 カズマ

商品詳細を見る

今日から6回にわたり、新城カズマ氏の「15×24」を紹介するわけですが、
新城カズマ氏は、日本SF界の最先端を走るトップランナー。
そんな方が書いたライトノベル版『24』とでも言うべき作品。

読む前ですが、超期待しています!!
15×24 link one せめて明日まで、と彼女は言った」(新城カズマ著/集英社スーパーダッシュ文庫
作品紹介

15人の24時間! 渾身の一日。問題作!
高校生・徳永準の自殺予告メールがネットに流出。友人・笹浦は東京のどこかにいる彼を止めようと捜索隊を結成する。ライトノベル史上〈もっとも長い一日〉がはじまる!!

☆ とある高校生の遺言メールは、15人の登場人物に何をもたらすのか?!

全6巻で完結する「15×24」。
6巻で一つの作品という構成をとっているため、正直に言うと1巻だけで感想はなんとも言えない。
でもあえて1巻だけの感想を言わせていただくと・・・・。
ちょ~~~大傑作だッ!!!!!!!

高校生・徳永準の自殺予告メールが、とある事情でネットに流出。
そのメールを受けた様々な登場人物が、ある人物は自殺の現場を目撃するため、またある人物は自殺を阻止するため、東京を漂流する徳永と接触しようとする・・・・。自殺願望少年を巡る15人の、追跡劇が始まった・・・。
果たして彼らは徳永と接触できるのか?!そして徳永と約束をしている謎の人物『17』とは?!

まだ1巻だけど、大傑作の予感がするぞ。いや大傑作だよ!!
少なくとも言えるのは、今までのライトノベルには全く存在しなかったタイプの作品。
徳永の自殺予告メールが15人の登場人物たちを、まるでビリヤードの玉を突くように行動開始させるわけですが、
誰が主人公というわけでもなく、15人全ての人物が主人公のように描かれてます。
群像サスペンス、とでも言ったらいいでしょうか。

15人の登場人物たちがいるわけですから、それぞれのメールに対する反応があるわけですよ。それがまず面白い。
そしてそれぞれの思惑・思考、それぞれのやり方で、徳永の行動を予測したり、『17』の正体を推理したり。
それにしても登場人物たちの個性豊かなこと。ミーハー女子高生、同級生、部活のメンバー、妊婦(!)さらには直接には関係ない人物や、犯罪者、巨乳アイドルも巻き込んで、追跡劇が始まるわけです。うわ~、先が楽しみすぎる!!
さらに関係なかったはずの登場人物たちがチームを組んで、徳永の捜索にあたりはじめる辺りもなかなか上手い展開です。

実際の東京の場所が舞台というのも、リアリティがあってイイ。
私は東京の地理に詳しくないんで、実際にどういう建物が建っているのかはわからないんだけど、実際にそこに行ったことがある人にとってはこういうのってたまらないよね。つくばエクスプレスで東京に向かったりするし。
あとこの作品では、インターネット・メールといったネット社会特有のツールが非常に重要な役割を担ってますよね。少なくともこういうものがないと成立しない物語。すごいなー新城氏。

いろいろ書いたけど、早くも殿堂入りが確定しそうな勢い!!

☆ 新城カズマ作品について①

サマー/タイム/トラベラー (1)  ハヤカワ文庫 JA (745)サマー/タイム/トラベラー (1) ハヤカワ文庫 JA (745)
(2005/06/16)
新城 カズマ

商品詳細を見る


サマー/タイム/トラベラー2 (ハヤカワ文庫JA)サマー/タイム/トラベラー2 (ハヤカワ文庫JA)
(2005/07/21)
新城 カズマ

商品詳細を見る


「サマー/タイム/トラベラー」1・2
これメッチャ読みたいんですよ!!

新城氏を一躍有名にした作品。SFファン投票による賞「星雲賞」を受賞しました。
なんかもうタイトルからして、傑作臭がスゴイ。

新城氏って最初からSF畑の人かと思ってましたけど、実は元々はライトノベルを書いていた人。
そういう意味では、桜庭一樹氏や沖方丁氏、有川浩氏と同じタイプの作家さんですね。
まったくライトノベルの地位向上にはめざましいものがあります。

総評

まだ5冊残ってますが、これからどう展開していくのか・・・・。
今から2巻読みます!!



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/600-1851d8e0
    この記事へのトラックバック