緋弾のアリア(MF文庫J)

2011年04月18日 00:37

緋弾のアリア (MF文庫J)緋弾のアリア (MF文庫J)
(2008/08)
赤松 中学

商品詳細を見る

アニメが放送開始ということで、買ってみました「緋弾のアリア」。
アリア釘宮さんか・・・・・。釘宮さん今期「ロッテのおもちゃ!」もヒロイン役やってるのに、大丈夫なのか?
緋弾のアリア」(赤松中学著/MF文庫J
作品紹介

東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵―通称『武偵』を育成する特殊な学校。「あるきっかけ」で頭脳が活性化するという体質を持つ遠山キンジは、そのことを周囲に秘密にしつつ、平穏を求めて日々を送る探偵科所属の高校二年生。しかし、通学途中に爆弾事件に巻き込まれ、強襲科の超エリートである神崎・H・アリアと出会ってしまったことにより、キンジの日常は平穏とは程遠いものへと変わっていくのだった―。Sランクの最強武偵・アリアと、(普段は)ただの一般人・キンジの凸凹コンビが凶悪犯に立ち向かう、大スケールアクション&ラブコメディー。

☆ 久しぶりに釘宮さんのツンデレ役ですか・・・・。確かにそうだ(笑)

アニメ第1話放送したんで、ちょっと気になって購入。イラストは「これはゾンビですか?」のこぶいち先生。しかしMF文庫J、ホントラブコメ多いな・・・・。

「エロいこと」で頭脳で活性化すると、超人的な能力を発揮するヒステリア・モードになってしまう遠山キンジと、
強襲科の超エリートでツンデレツインテール女・神崎・H・アリアが凶悪犯に挑む、銃弾まみれのアクションラブコメディ!!

結論から言うと、思ってた以上に面白かった!!
いい意味でラノベのバカバカしいノリが出ていて、非常に楽しめた。
新入生紹介で銃弾売っちゃうようなエリート女・アリア、彼女が釘宮さんですか・・・・・うん、もう納得(笑)
「うるさいうるさい!」とか「あたしのドレイになりなさい!」とか、どっかで聞いたことあるぞ(笑)
ただ、あんまりにも見たことあるタイプの釘宮キャラなんで、驚きはないよな~。
釘宮さんもこういう役ばっかり回ってきて、ウンザリしないのかね・・・。
それはともかく、作品としてはいいと思いますよ。ギャグの感じとかは思いっきりテンプレだけど、勢いがあるのでスイスイと読めます。これって大事だよ、ホント。
キンジのヒステリアモードがなかなか楽しい。口調が身の毛のよだつ王子様になっちゃうところとか。アクションシーン見てても思うけど、気持ちいいくらい厨二してんな。後ろに上体逸らして銃弾避けるんじゃない(笑)。
今回はアリアとキンジの活躍に焦点が当てられてますが、サブキャラもなかなか濃いメンツが多いみたいでこれからの展開が気になるところ。個人的にはレキと理子が気になるところ。
ラブコメだけじゃなくて、アクションもなかなか激しくて飽きさせないですね。
冒頭のチャリジャック(ちっちゃいな)、中盤のバスジャック(ス○ードだよね)、終盤のハイジャックと爆破魔との対決がハラハラしますね。犯人からのメッセージがボカロとか結構怖いな(笑)。しかも犯人があの人だったなんて。スゴイ先が気になるじゃん!!

☆ アリアの“H”の秘密

別にエロイ意味ではなくて(笑)
ああ、そういう意味なのね。理子との関係もそういう関係なんですね。
これから対決の方向で話が展開していくと。

ところでこのシリーズ、何巻出てるんだ?もう10巻近く出ているような気が・・・。
今から揃えるのは大変そうですが、1巻がこれだけ面白かったので頑張ってみようかな。

総評

ラノベの良さを堪能できる内容で○。
テンプレだけど、こういう作品もいいんじゃない?

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/595-e5986276
    この記事へのトラックバック