ゴールデンタイム2 答えはYES(電撃文庫)

2011年04月15日 23:35

ゴールデンタイム2 答えはYES (電撃文庫)ゴールデンタイム2 答えはYES (電撃文庫)
(2011/03/10)
竹宮 ゆゆこ

商品詳細を見る

前回は一見普通のラブコメ・・・・と見せかけて、驚愕の展開がありましたが、
今回はどうなるのでしょうか?
香子に振られた万里の明日はどっちだ?!
ゴールデンタイム2 答えはYES」(竹宮ゆゆこ著/電撃文庫
作品紹介

圧倒的なオーラを放ち、自称完璧、その実ちょっと残念なお嬢さま、加賀香子。彼女は独自のシナリオによって定めし幼馴染との運命の結婚が破綻して傷心気味。一方、同じサークルの気さくないい先輩、リンダ。彼女は実は万里の高校の同級生で、しかもどうやら浅からぬ仲だったようで、それをひた隠しにしていた。記憶喪失男、多田万里の心はそんな二人の狭間に立たされて千々に乱れる。万里が二人に向けた問いかけの、その答えははたして―?竹宮ゆゆこ&駒都えーじが贈る青春ラブコメ、待望の第2弾。

☆ 香子に振られた万里・・・・・でも彼女はなぜかいつも通りで?!

待望の2巻。前回はなかなか驚愕の展開でしたね。
でもこの設定にするんだったら、単に記憶喪失という設定でもいいような気もしますが・・・・。

香子に振られてからも、万里はカレッジライフを満喫しようとしていた。
香子は口では完璧と言いながらも、相変わらず常識の無さを露呈していた・・・・。
そんな中、ほっこりラブリーな森ガールからの提案で、飲み会に参加することになった万里と香子。
しかしその席には、香子の傷心の原因である光央の姿があって―――。

竹宮先生による大学生活ラブコメも、まだまだ春真っ盛り。
親睦のための飲み会ね・・・・・私あんまり記憶に無いな~。
お酒、そんなに飲めないんですよね。だから宴会でも、隅っこでチビチビジュース飲んでる記憶しかない。
そういう自分の経験があるので、香子の宴会のムードに入っていけない感じはすごく良く分かる。
千波の姿を見て、いろいろおかしくなる香子さんなのでした。

そしてリンダさん・・・・・。
どうやら、万里の高校の同級生らしく、しかも浅からぬ関係だった?!
こっちも気になるところですね。

今回もリアルな大学生活が描かれてますね。
履修登録とかね、悩むんですよ、いろいろ。教授が厳しい奴だと、履修を避けたりね(笑)
あったな~そんなこと。これ読んでると、大学生活のいろいろを思い出しますね。

☆ 泥酔追いかけっこの果てに・・・。

光央と口げんかを繰り広げた末、泥酔した香子は、夜の街へ走り出す。それを追いかける万里。
とんだイタイ連中です(笑)。万里が嫌になるのもよくわかる。
でも香子もどうしたらいいのか分からない・・・・。光央のことが忘れられないし、振った万里のことも離れられない・・・・。
ぐちゃぐちゃになって、二日酔いの二人が出した答えは?!

総評

この作品の記憶喪失という設定、そして幽霊・・・・。
どうもこの設定が生きてくるのは、もうちょっと先になりそうですね。

ゴールデンタイム1 春にしてブラックアウト 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/592-6d5d382c
    この記事へのトラックバック