詩羽のいる街

2010年03月04日 11:15

詩羽のいる街詩羽のいる街
(2008/09/25)
山本 弘

商品詳細を見る

今回紹介するのは、と学会会長でもある山本弘氏の「詩羽のいる街」。
SFとジャンル分けしたのですが、SF的な設定は何一つ出てこないので、厳密にはSFではありません。
しかし、この小説の根底に流れているマインドは間違いなくSFのものであります。

(あらすじ)
賀来野市には、金も持たず住む場所もないのに、他人同士を結びつけ、幸せをもたらす女性がいるという。彼女の名は詩羽――現代に存在自体が奇跡の人を圧倒的な論理の力で描き、形容しがたい感動を呼ぶ奇跡の物語!

山本弘氏は「神は沈黙せず」「アイの物語」「MM9」などの作品で知られるSF作家です。
どの作品も、著者が会長を勤めると学会の研究成果の裏付けにより非常に完成度の高い作品となっています。
このような作品の後に「詩羽のいる街」は書かれました。
しかし、先ほども書きましたが、この小説にはSF的な設定は一切出てきません。
山本氏は「詩羽のいる街」を書くに当たって、
SF的なガジェットを一切使わずにSFを書くことはできるか
というチャレンジを自らに課したのです。
そしてそのチャレンジを詩羽というキャラクターの存在を誕生させることで見事成功させました。

何度でも読み返したくなる作品ですよ。
登場人物が詩羽以外も結構特殊な人々なんですよね。
自分の好きなマンガが、ネットでコテンパンにされたことで、社会に絶望して自殺を試みる女の子、ネット上にてデマを流して他人が苦しむことに喜びを見出す男・・・
詩羽はいろいろな人の前に現れ、その人の何かを変えていきます。
それは、キョンの前にハルヒが現れたことで、彼の生活が変わってしまったかのようです。
書店の宣伝文句にもなっていましたが、ハルヒやらき☆すたが好きな人にはすぐになじめる設定でしょう。
どちらかというと、ライトノベルが好きな人向けの本ですね。乙一氏の大絶賛も判るような気がします。
山本弘氏の作品はどれも非常におすすめできる作品なので、ぜひ読んでみてください!!!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/58-7e3bd9d1
    この記事へのトラックバック