花物語(講談社BOX)

2011年04月03日 11:38

花物語 (講談社BOX)花物語 (講談社BOX)
(2011/03/30)
西尾 維新

商品詳細を見る

ついに来ました!!「化物語」シリーズ最新作!!
今回はなんと、阿良々木君たちが高校を卒業したあとの神原の話だ!!
花物語」(西尾維新著/講談社BOX
作品紹介

“薬になれなきゃ毒になれ。でなきゃあんたはただの水だ”阿良々木暦の卒業後、高校三年生に進級した神原駿河。直江津高校にひとり残された彼女の耳に届いたのは、“願いを必ず叶えてくれる『悪魔様』”の噂だった…。“物語”は、少しずつ深みへと堕ちていく―。

☆ 悪魔の手と再会した好敵手・・・・・そして決着へ。

まず最初に。
傷物語映画化決定おめでとう~~~~~~~~!!!!!
やっぱり映画になりましたね・・・・
シャフト初(?)の劇場作品なのかな。

待ちに待った最新作「花物語」。
今回は神原が語り手です・・・・・です・・・・・・なんだけど・・・・・。
足らないよ・・・・・変態成分が・・・・というか百合成分が。
何だろう、この綺麗な神原さん・・・

もうちょっと、神原さんの変態な思考が垣間見えると思ってただけど、思ったよりシリアスで拍子抜けだったな~。
普段の阿良々木君の語りは脱線が多くて、それが持ち味だったりするわけですが、
今回は神原が語り手ということで、ある意味普段よりも期待していたのですよ。
それが蓋を開けてみたら・・・・、神原さん、もうちょっとハジけて良かったと思うよ!!
もっと百合百合してよ!!変態トークしてよ!!
まあ、ガハラさん、羽川、阿良々木君の3年生トリオがめでたく卒業してしまっているので、
つまるところ神原さんの相方不在の状態なわけです。
その代わりといってはなんだけど、『悪魔様』として活動していた沼地蝋花との再会と、彼女と神原との対決にページが割かれてます。沼地蝋花との最後のバスケシーンも見所かな。
他人の不幸は蜜の味・・・・なんて言うけど、自分よりも不幸な奴を見ると安心する、という心理はあるのかもしれないな。
それにしても後半の展開を見て、ブルース・ウィリス主演の某感動ホラーを思い出しちゃった人は多いのでは?
神原の『悪魔の腕』に関しても、今回で決着。どのような結末が待っているのか?

それにしても、貝木はどうしちゃったのよ。
戦場ヶ原さんに対して非道な行いをした彼が、神原に対しては気のいいオッサンになってる(笑)
彼がこの先出番があるってことなのか・・・・。

ところで扇ちゃん・・・・・ん?扇君だっけ?・・・・・この人「傾物語」で女の子じゃなかったっけ?
後で読み返してみよう。

今回主人公の神原さんですが、「化物語」以降初のイラスト化。ツインテールの神原・・・・・なんか雰囲気変わるな・・・・。ホント、西尾先生はキャラの髪型変えるのが好きみたいだね。

☆ 卒業後の阿良々木君は?

つーか阿良々木君、ちゃんと卒業できたんだね(笑)
教師の方々に見事な土下座を披露したみたいですが。
阿良々木君は卒業した後、車の免許を取得した模様。
そしてニュービートルだと!!なんか可愛い車の選択だな!

卒業したあとのガハラさんとか、想像できない・・・・。阿良々木君と同じ大学に進んだんだろうか。
羽川は多分放浪の旅に出たんだろうから、気になるのは阿良々木君の進路がどうなったのかということか。
ファイヤーシスターズも、火憐ちゃんが進学したから解散したというのも衝撃。月火ちゃんガンバレ。
なんか時は流れるんだな・・・・・としみじみ感じるなあ・・・・。
神原もそうだけど、登場人物たちの「その後」が描かれてるという意味では、結構重要な巻だな・・・「花物語」って。

総評

神原さんが思ったよりハジけなくて、残念といえば残念ですが、
それ以外に収穫があったので、良しとしましょう。
さて次回は、大人しいからっていい子とは限らないよ!!なシリーズの妹・千石撫子メインの『囮物語』!!
どんなことになるやら。

傾物語 感想
猫物語(白) 感想
猫物語(黒) 感想
偽物語(下) 感想
偽物語(上) 感想
傷物語 感想
化物語(下) 感想
化物語(上) 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

スポンサーサイト


コメント

  1. やーん | URL | rNXqPzk2

    はじめて読みたての本が同じだったので記念カキコ

    こんちは!

    花物語読みましたヽ(´ー`)ノ

    感想がほとんど同じだということは、
    みなさん同じように...

    百合がたんねーよ神原!!

    という突っ込みと、

    あれなんだろう、神原いいやつじゃん。乙女じゃん。

    という本来ならば普通の子のほうがいいはずなのに
    期待していたよりもおとなしい感じでしたね。

    次回作にも期待ですね。

  2. naomatrix | URL | -

    Re: はじめて読みたての本が同じだったので記念カキコ

    >やーんさん
    みんな神原の変態っぷりを期待してたんですね(笑)
    この先の作品で、神原が活躍してくれることを祈ります!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/576-147baeb5
この記事へのトラックバック