ファンダ・メンダ・マウス2 トラディショナルガール トラディショナルナイト(このライトノベルがすごい!文庫)

2011年03月25日 18:31

ファンダ・メンダ・マウス2 (このライトノベルがすごい!文庫) (このライトノベルがすごい!文庫)ファンダ・メンダ・マウス2 (このライトノベルがすごい!文庫) (このライトノベルがすごい!文庫)
(2011/03/10)
大間 九郎

商品詳細を見る

やっぱり大間先生はただ者じゃなかった!!!
マウスは、いつの間にか増えた第3夫人・キンバリーと美月を救えるか?!
ファンダ・メンダ・マウス2 トラディショナルガール トラディショナルナイト」(大間九郎著/このライトノベルがすごい!文庫
作品紹介

一見、落ち着きを取り戻したマウスの日常だったが、今度は美月にトラブル発生! 父・豊島郁夫の死体と10キロのヘロインを押しつけられた美月。自らの命の対価としてヘロイン売買に巻き込まれていく。欲望渦巻く横浜ダークサイドは弾丸乱れ飛ぶ超危険地帯に。命を危険にさらしながら、事態の終結を急ぐマウスだが、その背景にはマウスの第3婦人キンバの意外な思惑が……。第1回『このラノ大賞』栗山千明賞・待望の第2弾です。

☆ クールな奴らの、狂ったナイトパーティー再び?!

私心配だったんですよ。
大間先生は「ファンダ・メンダ・マウス」の続編を書く気があるのかどうか。
「このラノ」の他の受賞作家の方々は、続々と2冊目を刊行しているのに、大間先生だけ音沙汰無かったんで・・・。
待ちに待った続編。
待った甲斐がありました!!

これ読んでて思ったのは、
決して1巻目は、まぐれではなかったということ。
前作の文章のドライブ感はそのままに、ライトノベルというよりはノワール小説といった感のあるストーリーが展開。
今回はいつの間にか増えていた第3夫人・キンバと美月を中心に、キンバの過去と家族を巡る陰謀が展開。
というわけで、マコちんとネーネさんは今回はほとんど出番なし・・・orz。
マウスはチャラチャラしてるように見えて(実際はチャラチャラしてるんですが)、いざとなったらカッコいいですね。
ブレインは・・・・相変わらずマウスに一途だな~~、人工知能なのになぜか可愛いな。
キンバの正体と奇妙な生い立ち。
キンバとディディの、マァ一族に対する復讐。
そのためにマウスを利用したにも関わらず、当のマウスは二人に対して「幸せになってほしい」と言う。
カッコいい・・・・・・・。マウス惚れるわ・・・・。
キンバには幸せになってほしい・・・。
その一方で、美月とリオの間に生まれる友情。
リオもまた、不幸な過去を持っていた・・・・。
美月は前回、かなり酷い仕打ちを受けたはずなのに今回もまたひどい仕打ち。
しかし、今回は自分の力で状況を切り抜けようとしている姿は感動を覚えました。
そしてマウスと再会して見せた涙・・・・。よく頑張ったよ。
事件の裏で暗躍するロンとマァ一族のクウィーンの陰謀。エグイエグイ。このエグさがたまらない。
特にクウィーンのキャラクターはリアリティあったな~。
「バカにして!」とやたら叫ぶんだけど、視野狭窄というか歪んだ彼女の性格が出ていてうまかった。
これらのキャラクターが、秀逸なプロットで繋がっていきます。
しかしカッコいいマウス・・・。
こんなカッコいい主人公は、今の時代はなかなかいないぞ。

しかし見事なストーリー展開ですよ。
「このラノ」文庫はもっと大間先生をプッシュした方がいいような気がする。
少なくとも大間先生は、非常に計算してストーリーを作ってる。
あの独特の文章ばかり目を向けがちですが、ストーリー展開もなかなか。
前回も言いましたが、こういう方は貴重ですよ。

☆ 今回もあとがきが振るってるな~~。

前回は賞へ応募する際のエピソードを披露して、我々をア然とさせましたが、
今回は賞金をもらった後の生活についてでした。
本人曰く、半年で賞金使い切ったんだと。
早ッ!!
で、どうも編集部に「続篇書いてください」とせがまれたっぽい。
あとがきの最後で、編集部に印税の前借りを要求する大間先生(笑)
いいな~。このノリは続けて欲しいな。

総評

個人的には今年の「このライトノベルがすごい!」のランキングに上位に入って欲しいところなんですが、
残念なことに「このライトノベルがすごい!文庫」はアンケートの対象外なんですよね(同じ宝島社のため)
でも入って欲しいな・・・
というわけで、大大大オススメです!
1巻も忘れずに!!


ファンダ・メンダ・マウス 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/568-f06fbbac
    この記事へのトラックバック

    ファンダ・メンダ・マウス2 トラディショナルガール・トラディショナルナイト/大間九郎

    Smile For Japan 地震に関する色々な情報が錯綜していますね。 いい情報もあれば悪い情報もあり、中には誤情報なども紛れ込んでいてなにが正しいのかわかりにくくなってきています。流れてくる情報を安...