--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽物語(下)(講談社BOX)

2011年03月03日 14:53

偽物語(下) (講談社BOX)偽物語(下) (講談社BOX)
(2009/06/11)
西尾 維新

商品詳細を見る

今回の方が「偽物語」というタイトルがしっくり来るな・・・
阿良々木君の小さい方の妹・月火の衝撃の秘密とは?!
偽物語(下)」(西尾維新著/講談社BOX
作品紹介

“ファイヤーシスターズ”の参謀担当、阿良々木月火。暦の妹である彼女がその身に取り込んだ、吸血鬼をも凌駕する聖域の怪異とは!?VOFANの“光の魔術”は鮮やかに花開き、西尾維新が今、“物語”を根底から覆えす―これぞ現代の怪異!怪異!怪異!青春は、にせものだけでは終らない。

☆ 暦と火憐の、変態プレイが見物です・・・

今回はファイヤーシスターズの参謀担当・阿良々木月火の巻・・・・のはずなんだけど、
上巻と一緒で、大体本筋と関係ない会話が半分を占めております。
どうでもいいけど、アニメ化のことについて登場キャラが喋っちゃうってどうなのよ(笑)

囲い火蜂の一件のあと、急に暦になついてきた火憐。
普段ジャージしか着ているところを見たことがない暦は、オシャレして可愛くなった妹に困惑しっぱなし。
聞くと、神原に会わせてほしいという。
そんな火憐に対し、暦はある勝負を持ちかける・・・・。

変態だよ。妹と歯ブラシプレイって(笑)
もう犯罪者確定だな。
いつも強気で力も強い妹が、為す術なく喘ぎ声をあげている様を見て、変な快感に目覚めそうな暦。
なんか、ものすごい背徳感(笑)
そして力なく押し倒された妹に覆いかぶさる暦・・・・
と、そこへ入ってきた月火(笑)
危うく修羅場になるところでした・・・。

八九寺は大して必然性もないのに出てくるところを見ると、扱いやすいんだろうな西尾先生にとって。
上巻でも言ったけど、ネタが尽きないよね・・・・。
そしてメタな発言連発wwwwww。
八九寺Pはアニメ化に際し、意外と強い権限をお持ちでらっしゃる。

忍が上巻と合わせて、存在感を増してきましたね。
急にキャラを変えすぎだと思いますが・・・。
というかこの作品のキャラクター性格変わったり、髪形変えたりするキャラ多すぎね?

☆ 月火の、衝撃的過ぎる正体。

影縫余弦と斧乃木ちゃん。
またしても現れた謎の二人組。
まだ町に残っていた貝木によると、彼女は「陰陽師」らしい。
それも不死身の怪異専門の・・・。
すぐさま自分を狙っていると思った暦だったが、どうやら彼女達の狙いは他にあるようで・・・

唐突に明かされる、月火の正体。
うわー。衝撃過ぎるでしょ・・・
無害だと分かっていても、自分の妹が「人間」でないなんて・・・
困惑する暦だったが、妹達の姿を見てある決意を胸に、影縫と対決することに。

お兄ちゃんは強し!!
偽者だからとかじゃなく、家族だから。嘘を背負うことにした暦。
やっぱり兄妹はこうでないとね!なんだかんだ言っても、兄貴は妹が可愛いんだよ!
というわけだから、火憐と月火はもうちょっと暦を敬え(笑)
でも火憐がちょっと可愛くなったのはよかったな~。
この先のシリーズでファイヤーシスターズの出番はあるのでしょうか?!

総評

一応最終話、となってるんですけど、ご存知の通り続きます(笑)
次回は羽川メインの巻。
ゴールデンウィークに何があったのか?!

偽物語(上)感想
傷物語 感想
化物語(下) 感想
化物語(上) 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/549-d3730028
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。