--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

○×△べーす1 ねっとりぐちゃぐちゃセルロイド(ファミ通文庫)

2011年02月17日 16:59

○×△べーす (1)ねっとりぐちゃぐちゃセルロイド (ファミ通文庫)○×△べーす (1)ねっとりぐちゃぐちゃセルロイド (ファミ通文庫)
(2011/01/29)
月本一

商品詳細を見る

今日は第12回えんため大賞特別賞受賞の、スポ根?ラノベ!!
○×△べーす1 ねっとりぐちゃぐちゃセルロイド」(ファミ通文庫
作品紹介

スポ根お断り! ちょこっとラブで、ゆるっと「ぬるコメ」!?
「練れば練るほどぐらつくセメント、略して寝癖ボーイ! カマーン!」入学式当日の河川敷で威風堂々僕に呼びかけるキャッチャー姿の男。……変態だった。白球を追う青春なんてノーサンキュー。僕はのんべんだらりとした高校生活を夢見てたのに~。その夢は一瞬にして砕け散ってしまった(完)。というわけにはいかず――。第12回えんため大賞特別賞受賞。変態と金魚の呪い?に振り回される僕と彼女とときどき野球のぬるま湯日常ラブ?コメディ開幕!

☆ ヌル~いスポ根?!寝癖ボーイの受難が始まる・・・

えんため大賞の受賞作ということで、期待しておりました。去年の受賞作が非常に良かったので。
結論から言うと、う~ん惜しいな・・・という感じ。

入学当日に変態キャッチャー・中村に呼びかけられた桂木悠。
野球に関する過去から別れを告げ、平凡な日常を送ろうとしていた彼だったが、
中村に目をつけられたおかげで、一癖も二癖もあるメンツが揃う野球部に一時的に入部することになってしまう。
さらに、桂木が野球をやめるきっかけとなった事情を知る柳瀬純も入学してきて――。

ラブコメがほぼ主流といってもいいラノベ界に、男子多めのスポ根ギャグストーリーで乗り込んできた月本先生はある意味素晴らしい。
だからこの作品はラブコメというよりは、ジャンプに載ってるスポーツ漫画を読んでるような感じ。
キャラクターはとにかくいい!!
中村をはじめとして、バットを持ったら人が変わる白山先輩、熱いもの大好きなクラスメイトの小島やら、個性の強い面々は見ていて楽しい。サブキャラも個性強くていいな。
ストーリーとしては無名の野球部が練習の末、強豪校と対戦するというのが大筋の流れ。
だから後半に向けて段々熱い展開になっていきます。
強豪校に桂木の野球をやめる原因となった柳瀬の姉・水無美と対戦することも燃える展開としてポイント高し。

ただ惜しむらくは、コメディと銘打ってある割りに、笑いがそんなでもないこと(笑)
主人公の独白で笑いを取るのは、流行を取り入れたんだろうけど、これぐらいならあまり笑いを取ろうとしないほうが良かった気がする。
あと主人公が野球をやめる原因としては、ちょっと理由が弱いような気が。
確かに遅れて入ってきた部員、しかも女の子に負けるのはショックかもしれないけど、
それで野球やめるってのは、大げさなような・・・・
これは個人的に感じたことなので、皆さんがどう取るかですけど・・・・

☆ スポーツ漫画は最近ご無沙汰ですね・・・・

読んでないな・・・最近。
というか、生半可にスポ根やってもウケない気がするんですよね。
いいのがあったら教えて欲しいですけど・・・・

キャラクターもいいし、ジャンプ的な展開もラノベとしては新鮮でイイ。
ただ余計な物をくっつけて損をしている感じがする。
この辺を改善したらもっとよくなると思います。
2巻は・・・・買ってみようかなー。

総評

前回受賞作が良すぎたのか、今回は見劣りしたかな・・・・
次回は優秀賞作品の紹介です。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/532-df33c83b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。