FC2ブログ

とある飛空士への恋歌5(ガガガ文庫)

2011年02月07日 21:56

とある飛空士への恋歌 5 (ガガガ文庫)とある飛空士への恋歌 5 (ガガガ文庫)
(2011/01/18)
犬村 小六

商品詳細を見る

ついに完結。カルエル達の最後の雄姿を、しかと目に焼き付けましょう。
とある飛空士への恋歌」(犬村小六著/ガガガ文庫
作品紹介

イスラとの休戦交渉の座に就いた空の一族の要求は、風呼びの少女ニナ・ヴィエントの身柄だった。イグナシオの取りなしにより機会を得たカルエルは、出立の日、想いの丈を彼女にぶつける。「このまま逃げよう、クレア。ふたりで。空の果てまで―」かつての力を取り戻し、愛すべき人を救った風呼びの少女。革命によりすべてを失い、追放劇の果てにかけがえのない生を得た元皇子。ふたりの選ぶ道、未来は…。そしてイスラは「空の果て」にたどり着く。すべての謎が解き明かされる。感動のフィナーレ。

☆ 王道スカイ・オペラ、ついに完結。

うわああああああああああああ!!!!
ついに終わってしまった・・・
カルエル・・・カッコよくなったなぁ・・・
1巻ではヘタレへタレだったのに・・・
なんか感慨深い物があります。

2国間の交渉の場で、空の一族が出してきた要求は、ニナ・ヴィエント(クレア・クルス)の身柄だった。
空の一族の王子と交換という形で合意に達したことで、カルエルとクレアは離れ離れに・・・
納得がいかないカルエルたちだったが、イグナシオに頭を下げ、出発の直前・クレアに会うことを許される。
クレアに会って話がしたい。そして言わなくてはいけないことがある――。
きみを奪い返しに、必ず行くから!!

ここでもカルエルの成長が垣間見えましたね。
昔だったら、アリエルが提案した通りに二人で逃避行、という選択をしたかもしれません。
しかしそんなことをすれば、2国間で再び戦争という事態になりかねない。
それにここが一番成長したと思うシーンですが、イグナシオに頭を下げたというのは大進歩ですよ。
大人になってくれて、私は大変嬉しいです。

そしてクレアと別れて数年・・・。
イスラはついに「空の果て」にたどりつく・・・
だがそれはイスラの最後でもあった・・・
楽しかった日々、アリーメンの味、厳しい訓練、そして死んでいった者達との思い出・・・
ありとあらゆるものを乗せて、役目を終えたイスラ。
荘厳なシーンでした。

☆ 帰還。カルエルの新たな旅と、歌われなかった恋歌。

長い旅を終え、故郷に帰ってきたカルエルとアリエル。
久しぶりのミハエル、ノエル、マヌエルとの再会。
しかしカルエルは決心していた。
クレアとの約束を果たすため―――。

こうなることは予めわかってはいたけど、アリエルの気持ちを考えると切ないな・・・
歌われなかった恋歌。
アリエルとの道は、私のココロの中にしまっておきましょう。

ナナコの作品の抜粋が所々に入るのもいいですね。
みんなそれぞれ自分達の道を歩み始めたんだな・・・

王子の座を追われ、アリエル、クレアと出会い、学校の仲間達と出会って。
共に笑って、泣いて、恋して。
わがままを言ったり、反発したり。
時には絶望したりしたけれど。
全部乗り越えて、成長して。
カルエルは大きくなりました。

そして―――

――いま行くよ、クレア。
――愛おしい、風呼びの少女。
――きみのいる空へ。


総評

すごい感動しているところ申し上げにくいんですけど、
クレアと再会して終わって欲しかったというのはあります。
クレアの内面が、この巻ではついに描かれることはなかったですね。
それがいいのかどうかは、読んだ人の判断にまかせましょう。
とにかく犬村先生、素晴らしい作品をありがとうございました!!

とある飛空士への恋歌4 感想
とある飛空士への恋歌3 感想
とある飛空士への恋歌2 感想
とある飛空士への恋歌 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト





コメント

  1. つかボン | URL | v14okzU2

    トラバありがとうございましたー。
    よくよく思えば今までトラバを返してなかったので(というかトラバがどういうものか理解し切れてなかったので)、今回は返させてもらいました。

    恋歌最終巻よかったですよね。
    本当に犬村先生にはお礼を言いたい。
    次回シリーズ、星海社で刊行予定の『サクラコ・アトミカ』が楽しみです。

  2. naomatrix | URL | -

    Re: タイトルなし

    >つかボンさん
    犬村先生新作開始するんですか?!
    それは知らなかった・・・
    また財布と相談しなきゃ・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/519-e5532ec7
この記事へのトラックバック

とある飛空士への恋歌5/犬村小六

僕と契約すればいいよ! byキュウベエ アニメの話題でも一つ。 『放浪息子』と『魔法少女まどか☆マギカ』が面白すぎやしませんか? 話題というか、これが伝えたかっただけなのですが、しかし本当に面...