いつか天魔の黒ウサギ1 900秒の放課後(富士見ファンタジア文庫)

2011年02月04日 14:03

いつか天魔の黒ウサギ1  900秒の放課後 (富士見ファンタジア文庫)いつか天魔の黒ウサギ1 900秒の放課後 (富士見ファンタジア文庫)
(2008/11/20)
鏡 貴也

商品詳細を見る

やっと読めたよ。この作品。
アニメ化決まって、どういうことになるのか・・・
いつか天魔の黒ウサギ1 900秒の放課後」(鏡貴也著/富士見ファンタジア文庫
作品紹介

「私の毒を、あなたに入れる。決して離れられなくなるように」そうして僕の物語は、始まった―はずだったのに。宮阪高校1年、鉄大兎。自分は人生の主役で、頑張れば報われるなんて幻想はもう信じていない。彼の毎日は平凡に消費される。大兎は、忘れていた。“彼女”の笑顔。交わした“約束”。血肉に溶けた呪い。大切な記憶は、なぜ奪われたのか?それでも失われたはずの想いの中で、“彼女”は微笑む。『やっと死んでくれたね。この日をずっと待っていた―』“7回生きて君と出逢う”学園リバース・ファンタジー、開幕。

☆ “7回生きて君と出逢う”学園リバースファンタジー!!

アニメ化決まってよかったね・・・
制作がどこで、キャストもわからないのでアレですけど・・・

面白かったですよ。王道っぽくはないですけど、王道っぽくて(どういう意味だ)
ヒメアを絶対に助ける、という約束をトラックに轢かれたことで思い出した鉄大兎。
彼は幼い頃、彼女“サイトヒメア”によって、“15分以内に7回殺されなければ死なない”という能力を得た。
そして彼が記憶を失う原因である紅日向が大兎の前に現れ・・・
後半はもう一人の主役とも言うべき紅日向の兄・紅月光とアンドゥのミライの話。
なるほど、1巻にして黒幕の過去が暴かれますか・・・
そして大兎と月光はともに日向に立ち向かう・・・

作品の毛色は全く違いますが、「これゾン」みたいな設定ですね。
ただバトルがかなり燃える!!
サイトヒメアも可愛いんだけど、個人的にはアンドゥのミライの月光の下僕っぽい感じが好き(笑)

☆ アニメはどうなるのかな・・・

どこが制作するのかな・・・
「これゾン」と同じところ・・・のような気がしなくもないですけど・・・
キャストもまた気になるところですが、アンドゥのミライは候補がいっぱいいすぎて・・・

総評

アニメが始まる前に・・・最新刊まで・・・



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/513-372bb0eb
    この記事へのトラックバック