--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サクラダリセット4 GOODBYE is not EASY WORD to SAY(角川スニーカー文庫)

2010年12月17日 10:53

サクラダリセット4  GOODBYE is not EASY WORD to SAY (角川スニーカー文庫)サクラダリセット4 GOODBYE is not EASY WORD to SAY (角川スニーカー文庫)
(2010/11/30)
河野 裕

商品詳細を見る

最新刊、今回は初の短編集です。
サクラダリセット4 GOODBYE is not EASY WORD to SAY」(河野裕著/角川スニーカー文庫
作品紹介

「リセットを、使えません」相麻菫の死から二週間。浅井ケイと春埼美空は、七坂中学校の奉仕クラブに入部する。二人は初めての仕事を振られるが、春埼はリセットを使えずにいた。相麻の死をそれぞれに考えるケイと春埼。ケイは、相麻が死んだ山へと向かい…(「Strapping/Goodbye is not an easy word to say」)。中学二年の夏の残骸、高校一年の春、そして夏―。壊れそうな世界をやわらかに綴る、シリーズ第4弾。

☆ 相麻菫の死と向き合うために。

今回は短編集です。
時系列があっちこっちするので、心配な人はあとがきを先に読んで、確認するといいでしょう。

ビー玉世界とキャンディーレジスト
意識だけ、ビー玉などに写りこんだ景色に入り込む能力を持つ少女・世良佐和子。
彼女は自分の能力を制御できず、能力が何かのきっかけで勝手に発動するのだった。
ケイと美空は、彼女の能力がなぜ発動したのか調査することに・・・

ある日の春崎さん~お見舞い編~
ケイが風邪を引いたという。(そんなイメージ無いですが・・・)
というわけで、美空がお見舞いに行くことに・・・
お見舞いに行くだけなのに、なんか硬いのがなんとも。

月の砂を採りに行った少年の話
日下部翔太という少年が、野ノ尾盛夏に「月の砂を採ってくるよ」と言い残して行方不明に。
ケイと美空の調査が始まる。
翔太の盛夏に対する、少しひねくれた想いがいじらしい。

ある日の春崎さん~友達作り編~
野ノ尾盛夏と友達になろうとする美空。
とにかくがんばれ。

Strapping/Goodbye is not an easy word to say
あらすじ参照
ケイは菫を失った喪失感から、前へ踏み出せるのか?
美空はどうしてリセットが使えなくなったのか?

ホワイトパズル
サクラダリセットとは独立した、河野先生のデビュー作の短編。
ツミキは忍び込んだ洋館にて、浦川さんに出会った――――。
彼女は“存在が不安定”な女の子だった・・・
いいSFラブストーリー。

☆ 短編でも、透き通った空気は変わらず。

どの話もよかった。
今回は美空が中心の話が多くて、大変満足。
彼らの日常の姿が垣間見ることが出来ます。

しかし最後にデビュー作を収録とは・・・少女マンガみたい。
この作品がまた良い!!
読みきりマンガにしたら面白そうな気はします。

総評

次回はやっと現在に戻って新展開だそうな。
二人はこれからどんな道を進むのでしょうか?

サクラダリセット3 MEMORY in CHILDREN 感想
サクラダリセット2 WITCH,PICTURE and RED EYE GIRL 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/462-538db5fe
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。