--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化身

2010年02月28日 10:54

化身化身
(2009/10/22)
宮ノ川 顕

商品詳細を見る


日本ホラー小説大賞受賞作の登場です。「化身」(宮ノ川顕著)。

表題作は衝撃でした。
人間の変態というカフカ的なテーマを選んで、カフカとは全く違う空気の作品になっています。
ある場所から抜け出せなくなった男が環境に適応していき、体が変質していく様が妙なリアリティを持って描かれます。ある意味、ジョー・ヒルの「蝗の歌を聞け」以上の作品ですよ。

日常に厭き果てた男が南の島へ旅に出た。密林へ分け入った彼は池に落ち、耐え難い空腹と絶望感、死の恐怖と闘いながら生き延びようとして、やがて……。端正な文体で完璧な世界を生みだしたホラー大賞史上最高の奇跡

ただ収録されている3篇のクオリティに、ばらつきがあるのが残念でしたね。
「雷魚」はまだノスタルジックなイメージが浮かぶのですが、「幸せという名のインコ」は「化身」を書いたのと同じ人が書いたとは思えないほどの凡作でした。

この人の次回作に注目したいと思います。
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/45-8dc007d5
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。