FC2ブログ

久しぶりにホラーの紹介をしてみる。「熱帯夜」(曽根圭介著/角川ホラー文庫)

2010年10月29日 00:07

熱帯夜 (角川ホラー文庫)熱帯夜 (角川ホラー文庫)
(2010/10/23)
曽根 圭介

商品詳細を見る

今回はどうしてもオススメしたいんです!!
熱帯夜」(曽根圭介著/角川ホラー文庫
作品紹介

猛署日が続く8月の夜、ボクたちは凶悪なヤクザ2人に監禁されている。友人の藤堂は、妻の美鈴とボクを人質にして金策に走った。2時間後のタイムリミットまでに藤堂は戻ってくるのか?ボクは愛する美鈴を守れるのか!?スリリングな展開、そして全読者の予想を覆す衝撃のラスト。新鋭の才気がほとばしる、ミステリとホラーが融合した奇跡の傑作。日本推理作家協会賞短編部門を受賞した表題作を含む3篇を収録。

☆ 表題作だけでも読んで欲しい。この展開・ラストはマジで唸ります!!

いつもはラノベばかり紹介しているnaomatrixが、今日に限ってホラーを紹介するのはなぜか?
はっきり言います。
ぶっちゃけ「熱帯夜」みたいな作品を書きたい。
サスペンスを読んで、展開・オチが上手くて感動したのなんて、かなり久しぶりだ。
奇跡の傑作という触れ込みは、けっして誇大広告ではないです。

曽根圭介氏は、「」で日本ホラー小説大賞短編賞を受賞してデビューした方です。

鼻 (角川ホラー文庫)鼻 (角川ホラー文庫)
(2007/11)
曽根 圭介

商品詳細を見る


はい、いつだかの特別企画でランキング入りしていた奴です。
この「」もかなりスゴイ作品なんですが、
今回の「熱帯夜」は、もしかしたらそれ以上かもしれない・・・

いつもラノベを読んでますとね、面白いと思う反面、
キャラクターを重要視しすぎているのではないか。と思うことがあるわけです。
そういうときにこういう作品を読むと、創作意欲が沸きます。
あ~、書きて~。

☆ 残りの2編もSF、ホラーとしてはかなりの秀作!!
 
ついでみたいで、申し訳ないんですが、
残りの2編「あげくの果て」「最後の言い訳」もかなりイイです。非常に好み。
作品中に登場するパワードスーツの名前が「難局二号」というのですが、なんでこんなダサい名前なのかは読んでみてください。
まあ、ホラーがダメという人には無理に薦めませんが・・・

総評

この記事を読んでる人で、コレ読んだ人いてほしいな~。
読んだ人にしかわからないですよ。この作品の凄さは。



にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト





コメント

  1. rove | URL | -

    角川ホラーとか懐かしいですね~
    中学時代は好んで読んでました
    まぁ良作率が若干低かったのと、オタに転向したせいで
    最近はぜんぜん読んでないですけど・・・

    処刑列車とかは面白かった記憶ありますねぇ・・
    あとはトンネルとか・・・・かな

  2. naomatrix | URL | -

    Re: タイトルなし

    >roveさん
    処刑列車は、読もうと思ってたらいたのですが、
    ずるずると機会を逃してそのままです。
    「熱帯夜」はかなりおすすめですよ!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/407-2c32b6be
この記事へのトラックバック