とある飛空士への恋歌

2010年10月27日 23:17

とある飛空士への恋歌 (ガガガ文庫)とある飛空士への恋歌 (ガガガ文庫)
(2009/02/19)
犬村 小六

商品詳細を見る

ガガガ文庫、この作品にやっとたどり着いたよ・・・
とある飛空士の恋歌」(犬村小六著/ガガガ文庫)。
作品紹介

「これはきれいに飾り立てられた追放劇だ」数万人もの市民に見送られ、盛大な出帆式典により旅立ちの時をむかえた空飛ぶ島、イスラ。空の果てを見つけるため―その華やかな目的とは裏腹に、これは故郷に戻れる保証のない、あてのない旅。式典を横目に飛空機エル・アルコンを操縦するカルエルは、6年前の「風の革命」によりすべてを失った元皇子。彼の目線は、イスラ管区長となった「風の革命」の旗印、ニナ・ヴィエントに憎しみを持ってむけられていた…。『とある飛空士への追憶』の世界を舞台に、恋と空戦の物語再び。

☆ イスラ。少年の運命は、空飛ぶ島で始まる。

うわ~。何でノータッチだったんだ!!
最近多いのです。ノータッチ後悔(何だそりゃ)

カルエルが飛行士として、イスラを目指すまでが壮絶。
なんか久しぶりに、こんな壮絶な運命を背負った主人公を見ましたね。
これで性格が聡明だったら、言うことはないんですが、
あいにく元皇子という境遇のためか、性格は自己中でヘタレ。
カルエルがこれからどのように成長していくのかが楽しみではあります。
1巻全てが映画のプロローグみたいな話ですが、展開がしっかりしていて飽きさせません。
アリエルとの関係も気になるところ。

☆ クレアとの出会い・・・彼女のもうひとつの顔を、彼はまだ知らない・・・

カルエルが出会った少女・クレア。
二人はふとしたことから、知り合いになります。
しかし、彼女にはもうひとつの顔があって・・・

なんという運命の悪戯。
クレアの正体が、あのヒトだなんて。
この先が楽しみすぎる(笑)

2,3,4巻と、一気読みするしかないでしょう!!
よし、本屋に行ってくる!!

総評

行ってきました~って嘘です。少し前に4巻まで購入して積読です。
でも本当に、この作品は一気でいきたいですね。



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

  1. ask | URL | -

    お久しぶりです。
    ありますよね、ノータッチ後悔w 追憶でやらかしたのでこちらは注視してたのですが。
    一気で、というのはおススメです。もう一気にいっちゃってください!!
    3、4巻には気をつけてくださいね。私やゲソボンさんはティッシュ一箱は下らなかったです。

  2. naomatrix | URL | -

    Re: タイトルなし

    >askさん
    ありがとうございます。
    ティッシュは箱で3箱ぐらい用意しておきます(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/405-abbe3de1
この記事へのトラックバック