--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画見てきたぜ!

2010年07月24日 21:59

見てきたよ~!

インセプション」と「借り暮らしのアリエッティ」。

さっそく感想だ!

インセプション 監督:クリストファー・ノーラン 出演:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙ほか。

1920x1200_00_OneSheet_convert_20100724220710.jpg


タイトルの“インセプション”とは、“植え付け”という意味。
他人の潜在意識の中に侵入する能力を持つ男が、犯罪から足を洗うため、そして家族の元に返るため、
最後の仕事に挑む。
だが最後の仕事は“インセプション”という最高難度のものだった・・・

面白かったです!
しかし、ニュース番組などで紹介された通り、複雑なストーリーです。
ちゃんと筋を追ってないと、混乱してしまう人もいると思います。
私の隣で見ていたおばさんも、途中からポカーンとしてましたしね。
レオ様演じる主人公の名前が、「フォロウィング」で主人公が追う謎の男の名前と一緒ってのも、
ファンとしてはちょっと嬉しいですね。
渡辺謙は大出世というか、かなり重要な役どころで全編出ずっぱり。
「バットマン ビギンズ」ではあんまり出番がなかったので、よかった。
演技も違和感無かったですし。

CMでもやっていたホテルの廊下での無重力シーン。
なんか「2001年宇宙の旅」に似たようなシーンがあったなーと思っていたら、
パンフレットにノーラン監督が、キューブリック映画に大きく影響を受けたこと、
「2001年宇宙の旅」と同じ技法を使ったということが書いてあって納得。
そういえばキューブリック映画も最初、犯罪映画から始まっているんですよね。
「非常の罠」「現金に体を張れ」とか。
ノーラン監督も「フォロウィング」「メメント」と犯罪映画からキャリアをスタートさせているところ、興味深いです。
ノーラン監督はキューブリックを目指しているのでしょうか?

とにかく映像がスゴイですね!
なるべくCGを使わないというノーラン監督のこだわりが、画面にあふれていて○。
最後のシーンのコマが回り終わるところ、うまいなと思いました。

借り暮らしのアリエッティ 監督:米林宏昌 声の出演:志田未来、三浦友和ほか

arietty480_large.jpg

小人の少女アリエッティは、とある家の床下に両親と3人で暮らしていた。
小人は人間にその姿を見られてはいけない。
しかしある日、アリエッティはその家に療養するためにやってきた少年に姿を見られてしまう・・・

ネットでは、つまんなかったという意見がけっこうあるんですよね・・・
多分そういう人は、「ポニョ」を見た時のような物足らなさを感じたのではないでしょうか。

確かに全体的に見ると、地味な話ではあります。
大きな事件があるわけでもないですし(しいて言うならアリエッティの母親が捕まってしまうところでしょうか)
ただ非常にジブリらしい作品だと思いましたね。
自然の描写とか、舞台設定とか。
相変わらず、なんということない仕草の描写を描かせたら、ジブリは他社の追随を許さないですね。

物足らないという評価の原因は、脚本を書いたのが宮崎監督だからではないでしょうか。
もう宮崎監督も60歳をとっくに過ぎているわけで、今「ナウシカ」や「もののけ姫」ようなレベルの作品を書くのは、体力的にキツイんだと思います。
でもそれで宮崎監督を責めるのは違うと思うんですよ。
むしろ責められるべきは後進が出てこない、スタジオジブリという会社ではないでしょうか。
今回の場合でも、米林監督が脚本を書いて、自分の道を行くんだというところを見せて欲しかったですね。
頼むよスタジオジブリ。

内容についてですが、志田未来さんの声が、アリエッティにピッタリ!
違和感0でびっくりです。
神木君、すっかりジブリ映画の常連になってしまいましたね。
ただスピラーは、藤原さんがやらなくてもよかったような・・・

私は十分楽しめました。
原作も読んでみたいですね。
スポンサーサイト


コメント

  1. ミズキノコ | URL | -

    仮暮らしのアリエッティ、早くみたいです!!

    私も今度、見に行こうと思ってます^^

  2. つかボン | URL | v14okzU2

    ご覧になりましたか!
    いやはや、『インセプション』はなかなかどうして面白そうじゃないですか。やはり洋画の素晴らしさは映像技術にありますからね。渡辺さんの演技も気になります。

    ネットではアリエッティ不評なのですか?
    確かにもののけ姫や千と千尋のような壮大な盛り上がりはありませんでしたが、「ジブリ」として観るなら素晴らしかったと思います。「面白い」映画を観たい人と、「ジブリ」を観たい人だと、やっぱり意見が変わってくるのでしょうか。
    ジブリの今後には危惧するところがありますが、駿さんの存在に押しつぶされないよう、監督それぞれが独自の道を切り開いていってもらいたですね。

  3. naomatrix | URL | -

    Re: タイトルなし

    >ミズキノコさん
    このコメ返を書いている時には、もう見に行ったのでしょうか?
    感想はどうでしたか?

    >つかボンさん
    アリエッティに関しては、いろいろ意見が分かれているみたいですね。
    面白い映画を求めている人と、ジブリ映画を求めている人がだんだんズレてきている気がします・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/306-7e59f6d4
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。