羽月莉音の帝国

2010年07月01日 23:14

羽月莉音の帝国 (ガガガ文庫)羽月莉音の帝国 (ガガガ文庫)
(2010/02/18)
至道 流星

商品詳細を見る

お久しぶりのライトノベル感想です。
ガガガ文庫にとんでもない怪物がいました!!
羽月莉音の帝国」(至道流星著/ガガガ文庫
作品紹介

来たれ、革命部へ!クーデターを敢行しちゃう部です!最終目標は建国!私たちの国を作って、部長莉音が女王様として君臨します!これであなたも大臣だ!…俺はそんな詐欺的な部に強制加入させられた。従姉の莉音に。ただの部活ではない。莉音が部を法人化―会社にしたからだ。俺たち部員は「創業に伴う初期投資」だかで借金300万円を背負わされ、返済のためにゴミ漁りからコスプレ写真集づくりまでを休みなく手伝わされる毎日!株式会社革命部とかいうブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界!どうしてこうなった。

○ またハルヒの2番煎じ・・・と思ってしまってすいませんでした!!

この記事で「羽月莉音の帝国」を初めて知ったという方、
もしくはこの作品を書店で見つけて、買うかどうか悩んでいる方に申し上げます。

買ってください!!というか買え!!

いやいやとんでもない作品ですよ、これ。
一言で言うと、ライトノベルの姿を借りた、会社創業物語ですよ。
こんなタイプの話は初めてでしたね。
ストーリーが面白いのはもちろんのこと、
スゲーためになります!!

会社創業までの手順がいやに詳しく書いてあるなと思ったら、著者の至道氏、会社経営者だそうで(スゴイ肩書き!)。
この革命部の部長、羽月莉音ですが、地に足のついたハルヒとでも言えばいいのでしょうか。
一見行動が無茶苦茶なのですが、実はちゃんと筋が通っていて説得力があるんです。
とにかく革命部の目的のスケールがでかい!!
建国ですからね。

で、ここが一番重要なんですが、その建国のための手順が、
ファンタジーではなく、現実的な手段・方法によって語られるところがスゴイ!!

○ いかにして革命部は、部費480億を達成できたか?

これですよ。この作品の目玉は。
別に部員の中に、超金持ちがいるとかそういうわけではないのです。
全部革命部が、事業で稼ぎ出した金です。
驚きでしょう!!

学生の方々はもちろんですが、社会人に読んでほしいライトノベルって初めてでしたね。

総評

久々にスゴイ作品にめぐり合いました。
すでに2巻も購入済み、
3巻も7月発売のようなので、スゲー期待!!




にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

  1. エイ | URL | 5j/FW4Ss

    もう3巻もでるみたいですね。

    僕は沙織のあつかいがあんまり過ぎて好きになれませんでした。

  2. しずの | URL | -

    2巻も1巻と違った良さがあって面白いですよーΣd≡ω≡.

    うちも愛読してますっ!!
    1巻は大爆進と言った感じで
    すっごい勢いがあって良かったですよね☆彡
    建国(と、いっても1巻じゃビジネスですけれどもw)の事を
    読みやすくさらっとまとめてあるところがgoodでしたよね♪
    そんな建国本もついに3巻の発売すっごく楽しみですねッ!

  3. naomatrix | URL | -

    Re: 2巻も1巻と違った良さがあって面白いですよーΣd≡ω≡.

    >エイさん
    そうでしたか・・・
    確かに沙織はこの作品で、莉音にやりたい放題されますが・・・
    エイさんはどういう作品が好みでしょうか?
    よかったら教えてください!!

    >しずのさん
    2巻が楽しみになってきました!!
    ありがとうございます!!

  4. サイと | URL | LE80GTjE

     いったいガガガ文庫はどこへいくんだろうか。
     でも、naomatrixさんがそこまで推すというのなら、読もうと思います。

     そういえば、認証用キーワードがいちいち面倒ですなぁ……

  5. naomatrix | URL | -

    Re: タイトルなし

    >サイとさん
    ガガガ文庫にこのような作品があることは驚きでしたね。
    他の作品にも目を向けてみたいです。

    認証キーワード・・・あの数字を入れる奴ですよね。
    先ほど、設定をオフにしてみましたがどうでしょう?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/273-69b238c9
この記事へのトラックバック