祝4000ヒット 「文と椛の文々。RADIO!!」 文の怖い本ランキング

2010年06月21日 00:24

第5位 鼻

鼻 (角川ホラー文庫)鼻 (角川ホラー文庫)
(2007/11)
曽根 圭介

商品詳細を見る


あらすじ

人間たちは、テングとブタに二分されている。鼻を持つテングはブタに迫害され、殺され続けている。外科医の「私」は、テングたちを救うべく、違法とされるブタへの転換手術を決意する。一方、自己臭症に悩む刑事の「俺」は、二人の少女の行方不明事件を捜査している。そのさなか、因縁の男と再会することになるが…。日本ホラー小説大賞短編賞受賞作「鼻」他二編を収録。大型新人の才気が迸る傑作短編集。


ayatyan06_copy_convert_20100614222233.jpg

うわっ!!
見るからに怖そうなのが来ましたね・・・

 



ayatyan22_copy_convert_20100614222750.jpg
じゃあひとつずつ、紹介していきますか!!
第5位の「鼻」は短編集なの。
椛。ラストにどんでん返しがあるのって好き?

 



ayatyan06_copy_convert_20100614222233.jpg

あっ、そういうの好きですよ。

 



ayatyan22_copy_convert_20100614222750.jpg
じゃあこの作品好きになるかもね。
あらすじを読んでもらえばわかるけど、一見パラレルワールドの世界での話みたいなんだけど・・・。

 



ayatyan06_copy_convert_20100614222233.jpg

えっ?
そうじゃないんですか?

 



ayatyan22_copy_convert_20100614222750.jpg
ああ!!これ以上は言えない!!
続きは読んでみて!!
驚きのラストだから!!
ついでに言うと、ほか2編収録されてるから損はしません!!

 



ayatyan06_copy_convert_20100614222233.jpg

ほとんど紹介してない上に、とりあえず読んでみてって・・・

 




第4位 粘膜人間

粘膜人間 (角川ホラー文庫)粘膜人間 (角川ホラー文庫)
(2008/10/25)
飴村 行

商品詳細を見る


あらすじ

「弟を殺そう」―身長195cm、体重105kgという異形な巨体を持つ小学生の雷太。その暴力に脅える長兄の利一と次兄の祐太は、弟の殺害を計画した。だが圧倒的な体力差に為すすべもない二人は、父親までも蹂躙されるにいたり、村のはずれに棲むある男たちに依頼することにした。グロテスクな容貌を持つ彼らは何者なのか?そして待ち受ける凄絶な運命とは…。第15回日本ホラー小説大賞長編賞を受賞した衝撃の問題作。


ayatyan06_copy_convert_20100614222233.jpg

やっぱり表紙で攻めてきますね。

 



ayatyan22_copy_convert_20100614222750.jpg
第4位は「粘膜人間」ね。
この作品は日本ホラー小説大賞の選考委員に「バトルロワイアル以来の問題作」と言わしめた話題作なの。
そういうわけだから残酷描写がすごくて、人によっては全く合わないかもね。

 



ayatyan06_copy_convert_20100614222233.jpg

私はあんまり残酷なのはちょっと・・・

 



ayatyan22_copy_convert_20100614222750.jpg
無理して読めとは言わないけど、
こういう作品もあるんだということを覚えておいてほしいわね。
ちなみにこの作品、シリーズになっていて「粘膜蜥蜴」「粘膜兄弟」と刊行されてます!

 



第3位 黒い家

黒い家 (角川ホラー文庫)黒い家 (角川ホラー文庫)
(1998/12)
貴志 祐介

商品詳細を見る


あらすじ

若槻慎二は、生命保険会社の京都支社で保険金の支払い査定に忙殺されていた。ある日、顧客の家に呼び出され、期せずして子供の首吊り死体の第一発見者になってしまう。ほどなく死亡保険金が請求されるが、顧客の不審な態度から他殺を確信していた若槻は、独自調査に乗り出す。信じられない悪夢が待ち受けていることも知らずに…。恐怖の連続、桁外れのサスペンス。読者を未だ曾てない戦慄の境地へと導く衝撃のノンストップ長編。第4回日本ホラー小説大賞大賞受賞作。


ayatyan06_copy_convert_20100614222233.jpg

これ確か映画になってるんですよね。

 



ayatyan22_copy_convert_20100614222750.jpg
よく知ってるわね~。
韓国で映画化されたの。
この作品はホラーというよりは、サイコサスペンスといった方がいいかもね。
実際に起こりそうな内容が、背筋を寒くさせる作品よ。
この著者の作品はどれもレベルが高いから読んでみるといいかも!!

 


第2位 墓地を見おろす家

墓地を見おろす家 (角川ホラー文庫)墓地を見おろす家 (角川ホラー文庫)
(1993/12)
小池 真理子

商品詳細を見る


あらすじ

新築・格安、都心に位置するという抜群の条件の瀟洒なマンションに移り住んだ哲平一家。問題は何一つないはずだった。ただ一つ、そこが広大な墓地に囲まれていたことを除けば…。やがて、次々と不吉な出来事に襲われ始めた一家がついにむかえた、最悪の事態とは…。復刊が長く待ち望まれた、衝撃と戦慄の名作モダン・ホラー


ayatyan06_copy_convert_20100614222233.jpg

また「家」なんですね。

 



ayatyan22_copy_convert_20100614222750.jpg
第2位の「墓地を見おろす家」は日本のホラー小説の中でも、名作のひとつだと思うわね。
幽霊屋敷ならぬ、幽霊マンションの話だけど、なめてかかると痛い目を見るわ。

 



ayatyan06_copy_convert_20100614222233.jpg

・・・そんなに怖いんですか?

 



ayatyan22_copy_convert_20100614222750.jpg
最後の畳み掛けてくるところがスゴイ!!
最後のページのマンションの広告で、寒気がしたわね。

 



ayatyan06_copy_convert_20100614222233.jpg

でも、今見てきた4作品ともどれも怖そうだけど、面白そうな作品でしたね。
1位の作品はどんな作品なのでしょうか?・・・

 



ayatyan22_copy_convert_20100614222750.jpg
・・・本当に知りたい?1位。

 



ayatyan06_copy_convert_20100614222233.jpg

えっ?どうかしたんですか?

 



ayatyan22_copy_convert_20100614222750.jpg
いやね、1位の作品に関してはちょっと心の準備が必要だと思うのよ。
私もこの作品に関して、いいたいことがいっぱいあるから。

 



ayatyan06_copy_convert_20100614222233.jpg

そうなんですか?

 



ayatyan22_copy_convert_20100614222750.jpg
なので、1位は次回!!

 



ayatyan06_copy_convert_20100614222233.jpg

えええええぇぇぇ~~~~!!!

 


スポンサーサイト


コメント

  1. 黒い数式 | URL | -

    fufufu.全部読んだぜ!内容は忘れたがな!

  2. つかボン | URL | v14okzU2

    ひゃー。
    どれもすごく怖そうですね。ガクガクブルブル。
    申し訳ないことにどれも読めそうにないです。

  3. naomatrix | URL | -

    Re: タイトルなし

    >つかボンさん
    選りすぐりです(笑)
    心してかかったほうがいいかも・・・

    >黒い数式さん
    全部ですか?!!
    仲良くなれそうですね!!
    小林泰三とかも好きですよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/261-f38d05de
この記事へのトラックバック