--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハクソー・リッジ』観てきました!

2017年07月02日 23:40



1週間前になりますが、メル・ギブソン監督最新作『ハクソー・リッジ』観てきました。
戦争映画を劇場で見たのは『フューリー』以来かな?

メル・ギブソンというと『マッドマックス』シリーズや『リーサル・ウェポン』シリーズで知られる俳優ですが、映画監督としても確かな実力を持った人だとは知識としては知っていました。 (あと問題発言が多い人ということも…)
そしてそれをまざまざと体感したのが、監督としては前作の『アポカリプト』。
これがもうなんというか、アクション映画としてはハンパじゃない大傑作で、私の足りない語彙力では、魅力を全然伝えられないません…。 とにかく見てくださいとしか言えないです。


そしてそれから約10年ぶりに発表された本作。
戦争映画に対してこんな感想は変かもしれませんが、メッチャ面白かったです。
後半のハクソーリッジ(沖縄の前田高地)における、エクストリームバイオレンス・ゴア描写の容赦の無さがとにかく凄いんですが、
前半の軍にどうして志願したのかのパート、中盤の基地での訓練~裁判のパート、どちらもそれぞれよく出来ていて、ちょっとした道具使いで父との違いや、物事の二面性をサラッと表現したりするのも地味に上手いし、映画開始早々に崖を出して、後の展開を予感させたりしてましたね。 ここでの主人公の飲んだくれの父親役のヒューゴ・ウィービングがまた素晴らしいんだな。
そして訓練シーンでは裸で訓練させられたり、ナイフが足に刺さったまま立たされたりと、思わず笑ってしまうようなギャグの中に、個人の信念VSそれを曲げようとする世界・システムという話になっていきます。
こういう『世界のシステムに対して、折れない人間は絶対いる』というテーマ、場合によっては狂気とか独りよがりにもなりかねない話なんですが、主人公の信念というのが人命救助なのでそうはなっていかないのが素晴らしいですね。

戦争映画ですが重さはありつつも、展開が早いので全然退屈させないし、変な話アクション映画的な見せ方という意味でもものすごく上手いのでここも見どころ。 とりあえず戦争映画のあらゆる見せ場全部のせ感は確かにありますね。 あれだけ戦場のカオスさを体感させながら、誰がどこにいて何をしようとしてるのか混乱しないってのはやっぱり凄い。
あと日本兵の描写だけど、私は特に不快には思いませんでしたね。 まあ敵側が日本人なので不快に思う人がいるってのも分かるし、日本を美化したがるってのも分かるんですが、ワタクシ個人的にはそういう誇りを持って死んだ人がいるってのも真実だと思うし、同時に人して最低な奴がいたってのもまた真実だと思ってるんで、そういう意味ではこの映画は特に日本兵を変に持ち上げたり、逆に貶めたり、バカにしてる感じは全く感じませんでした。 ありのままをそのまま描いたという感じですね。
でもやっぱり白旗掲げて出てきて、急に特攻仕掛けてきたらそりゃ恐いよなとは思いました。

というわけでまたしても今年ベスト級(個人的)な1本だなと思いました。
これは絶対映画館で見てほしい1作です!!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/1359-38adc45b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。