『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』&『映画 プリキュアドリームスターズ』観てきました!

2017年03月19日 23:43



昨日公開されたアニメ作品『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』と『映画 プリキュアドリームスターズ』鑑賞してきました。

私、神山監督の作品って『攻殻機動隊』のTVアニメで触れたくらいでしょうか。 『サイボーグ009』も『東のエデン』も未見で今回鑑賞したんですが、なんかこう独特な空気感を持ったファンタジー(?)作品でしたね。 正直サスペンスあり、ロードムービーあり、ロボバトルあり、怪獣あり、青春あり、家族ドラマありと、とりあえず神山監督がやりたいこと全部載せしたような作品なんですが、あんまり詰め込みすぎという感じはしなかったですね。 主人公・ココネとなし崩し的に付き合わされるモリオの、なんともトボけたやり取りのせいもあってか、ふわっとした空気が全編を覆っているな~と思っていたら、パンフレットでファンタジー作家の上橋さんが同じこと言っていた(笑)。 幼馴染的なフランクな会話をしておいて、恋愛方面に話が行かないところはいい意味で良かったですね。
あとこの作品はおっぱいには訴えてこないですね(笑)。 最近そういう作品が続いたので…。

そういえば変形するバイクのデザインがどこかベイマックスっぽいな~と思ったら、デザインがコヤマシゲトさんなのね。
夢を見ている間の移動はどうなっているんだとか、なぜ主人公がそういう夢を見るのか全く説明がなかったりと、深く考えるといろいろ突っ込みどころがあるんですが、とりあえず色んなジャンルを全部載せしている分の面白さはあるので、見て損はないと思います。



そして最近、春・秋の恒例となりましたプリキュア映画。
今までのオールスターズからドリームスターズへと名前を変えて、出演するプリキュアも直近の3作に絞り、宮本監督ということでかなり3DCGを全面に押し出した予告編からして、何か今までのシリーズからは違うものを感じていたので期待してました。
結論から言うと、今までのオールスターズと比べるとお祭り感は薄れて、『一本の映画』としてちゃんとしたものを作ろう、という意志みたいなものが見える作品でした。 そういう意味では秋の単独映画っぽくなったとも言えるかもしれません。
それぞれのプリキュアたちの世界は2D作画で、そして今回登場するゲストキャラであるサクラの世界では完全に3DCGという風に、世界を移動したらルックが変わるというのはいいアイディアだな~と思いました。
あと今回プリアラ(キラキラ☆プリキュアアラモード)の面々が『魔法つかいプリキュア』『Go!プリンセスプリキュア』の世界にプリキュアを探しに行くんですがココでのやり取りがメッチャ面白いです。プリアラの面々が不審者扱いされてるのが ここの部分を膨らませてもうちょっと見ていたかったな~。 あきらの壁ドンとかね。 そこでのゆかりの顔がまたイイ!!
合間合間に挟まれるミラクルライトタイムも賛否あるとは思うけど、今までライトを振るのがラストバトルのときしかなかったのに比べるといいことだとは思います。ただ振るタイミングはちょっと映画の方で配慮してほしかったな。
阿澄さん演じるサクラとシズクの絆も良かったし、南キャンの山ちゃん演じる鴉天狗のイラッとするけどどこか憎めない感じも良かった。ということで正直かなり満足なんですが、鴉天狗含め敵側が結構あっさりやられてしまうので、オールスターズ映画としては食い足りないという意見もまあ分かるような気もします。 多分そこは先程も言いましたが、1本の映画としての完成度を優先したということなんだと思います。
ということでプリキュアシリーズの大きな転換点になるであろう作品なのは間違いないでしょう。 この方向性でこれからどんな作品ができていくのか、今から非常に楽しみです。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/1351-2a263b20
    この記事へのトラックバック