『ラ・ラ・ランド』観てきました!

2017年03月05日 22:55



昨日『セッション』のデイミアン・チャゼル監督最新作『ラ・ラ・ランド』を鑑賞してきました!
先日のアカデミー賞でのゴタゴタでも話題になった本作ですが、結論から言えばすご~く良い映画でした…。
どのくらい良かったかというと、ミュージカルそんなに好きではない自分が見終わったあと『ミュージカルも悪くないな』と思うほどには素晴らしかったです。
女優になることを夢見ながらも、オーディションに落ちまくる日々のミアと、自身の店を持つことを目標にするジャズ・ピアニスト・セブ。 基本的にはこの二人のラブストーリーなんだけど、同時に夢を追いかける人への素晴らしいメッセージが込められていて、終盤はちょっと涙腺が崩壊してしまったよ…。
冒頭の高速道路でのダンスシーンを含め、全体的にダンスシーンを長回しでしっかり捉えているのも良かったし、何より背景にせよ衣装にせよ原色が強調された色使いをしていて、ミュージカルシーン以外でも全体的にどこか非現実感が漂っているのがイイ!
そのおかげで、ミュージカルシーンに入っても“浮いてる感じ”がしないので、ミュージカルシーンの唐突さが軽減されてる。
大人数でのシーンもいいんだけど、夜中街灯の下で二人で踊ってるシーンが自分的には好きだな~。 ああいう二人だけの世界になってるのってイイよね。 ロマンチックで。 ダンスが揃ってくると二人の心がシンクロしたみたいでいい表現でしたね。
ストーリーに難しいところはまったくなくて、途中二人の夢に黄色信号が灯っちゃうんだけど、お互いがお互いの夢を応援している姿にラブストーリーとかそういうのを超えて感動するものがありました。
そしてラストのミュージカルシーン。 あれは卑怯だよ(笑)。 あんなん絶対泣くに決まってるじゃん。
ハッキリ言えば“あり得たかもしれない未来”なんですが、ラスト二人が静かに見つめ合って微笑み合うところで“自分たちはその未来を選ばなかった。でもそのことを後悔はしていない”って感じに私は捉えました。 基本的にはハッピーエンドなんだけど、ちょっとだけ切なさが残るところはフランス映画っぽいですね。

というわけで、今年入って映画館で見た映画の中では今のところブッチギリでおすすめの作品です。 というか多分細く長く愛されるクラシックになっていくと思います。 見てない人は是非!!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/1349-c26893d6
    この記事へのトラックバック