--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『劇場版 アイカツスターズ!&アイカツ!~ねらわれた魔法のアイカツ!カード~』観てきました!

2016年08月15日 01:47


13日に公開された『劇場版 アイカツスターズ!&アイカツ!~ねらわれた魔法のアイカツ!カード~』を鑑賞してきました。

まず『アイカツ!~ねらわれた魔法のアイカツ!カード~』の感想から。
『ヴァンパイア・ミステリー』や『ギャラクシー・スターライト』のような劇中ドラマ回がシリーズ屈指のカオス回なのはファンなら承知のことだと思いますが、まさか劇場版でドラマ回をやってくれるとは思ってなかった。
いやもう、それはそれは好き勝手やっちゃってます(笑)
とりあえず劇中で登場したアイドルたちは総出演。 ジュラシックアイカツ!先生やら、みやここ結婚やら、ぽわぷりの越後屋やら、とりあえずあの人から忘れがちなこの人まで、笑ってしまう登場をしてくれるので本当に必見です。 ああ~いろいろアソコがよかったココがよかったって言いたいんだけど、いかんせん情報量が多すぎる(笑)。
ラストの25人のステージはなんというかもう言葉に出来ないですね。 ただただ素晴らしい。
プリキュアがオールスターズ映画でやっていることを、アイカツ!でもってことなんだろうけど、並び順がユニットごとになっていたりと細かい所で気が利いてていいですな。 ここねが例のあのやりとりを5人でやっていたのは笑った。

そして本編『劇場版 アイカツスターズ!』
4月から新シリーズが始まって4ヶ月半経つわけですが、ずっと見続けてきて明らかに無印の『アイカツ!』と違うことをやろうとしていますね。 たとえば無印の時にはオミットされていた裏で進行する陰謀やら、勝つ人がいれば負ける人がいるという当たり前のことを逃げずに描こうとしているのはチャレンジ精神にあふれていて好きですよ。 15話の香澄姉妹仲直り回とか無印だとできないと思うし。 ただその分無印の時にあったブッ飛び感みたいなものは少し大人し目になったかな~という感じ。 とはいえまだ1クールがちょっと過ぎたぐらいなのでこれからブーストかけてくるのかもしれませんが。
で、そんなこんなで劇場版。
はっきり言ってしまえば、ゆめとローラの恋愛映画だった…いや、マジで(笑)。
本編で段々メンバーが揃ってきてゆめ、ローラ、小春、あこ、真昼のそれぞれのポジションがはっきりしてきたわけですが、当然のようにあこちゃんはお笑い担当(笑)、真昼は5人の中でちょっと大人びたお姉さんポジション、そして小春は4人の橋渡し役って感じでしょうか。 そしてゆめとローラはライバルという名目でイチャイチャするポジション(笑)。
本編の方でゆめはローラのことを最初“苦手”と言っていたのに、1クールが終わってみると段々イチャイチャ度が高くなっていって、ついにそのイチャイチャっぷりがこの劇場版で極まって来たという感じですね。
喧嘩したあとの仲直りするシーン、顔が近すぎてキスするんじゃないかとヒヤヒヤしましたよ(笑)。
そして二人のために身を引いてくれる真昼ちゃんの大人っぷりよ…。

個人的にはスターズの面々はツンデレ率が高いので結構好きなんです。
なのでこれからも応援していきたいと思います。
この夏最高の百合…じゃなかった、女の子同士の友情を描いたオススメの映画です!!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/1328-166c5140
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。