--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインⅠ ―スクワッド・ジャム―(電撃文庫)

2016年05月15日 23:45



やっと読めた! ライトノベル界随一の銃火器マニアである時雨沢先生による、SAOスピンオフ!
アニメSAOで銃火器監修をした著者の"本気”のガンシューティングを見よ!

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインⅠ ―スクワッド・ジャム―』(川原礫著/電撃文庫
作品紹介

『キノの旅』の時雨沢恵一&黒星紅白による、もう一つの『ソードアート・オンライン』が登場!

銃と鋼鉄の世界《ガンゲイル・オンライン》を舞台にしたアニメ『ソードアート・オンラインII』ファントム・バレット編。
その銃器監修を担当した時雨沢恵一だからこそ描くことができた、新たなSAOワールドがここに!
身長183cmの女子大生・小比類巻 香蓮(こひるいまき かれん)。長身コンプレックスが災いし《現実世界》では人付き合いが苦手な彼女を変えたのはVRMMO《GGO》だった。
身長150cmにも満たない理想の"チビ"アバターを手にした香蓮は、全身ピンクの戦闘服を身に纏い、プレイヤー"レン"となってGGO世界を駆け回る!
そんなレンの前に現れた美人プレイヤー"ピトフーイ"。GGO内ではレアな女性同士、意気投合するが――ある日レンは、最強ガンナー決定戦《BoB》のチームバトルロイヤル版《スクワッド・ジャム》への参戦をピトフーイから打診され……。

☆ 『キノの旅』時雨沢先生による、GGO篇スピンオフ!

すっごく遅れてしまいましたが、やっと読むことが出来ました! 時雨沢先生によるGGO篇スピンオフ。
アニメⅡ期で時雨沢先生が銃器の監修をしているというのは知ってはいましたが、どうもその縁でGGOのスピンオフを書かせてもらえる運びとなったそうな。
時雨沢先生といえば、『キノの旅』からそうでしたが、ライトノベル界きって銃器マニア。 あとがきによると、GGOの設定を知った時は心底悔しかったらしいですが、今回原作者の川原礫の許可を得て、思いっきりこの設定を活かした作品を書いております。

で、その内容なんですが、まあ、なんというか実にシンプル。
主人公の紹介&描写→スクワッド・ジャム開催→スクワッドジャム戦闘とたったこれだけ。
SAO本編だってもうちょっといろいろドラマがあるだろうに、こちらは清々しいほどに余計なドラマを排除して、徹底してスクワッド・ジャムでの戦闘シーンに費やされているのだから、時雨沢先生の熱意のほどが伺えます。 なにせこのシンプルなプロットで470ページもあるんだから(笑)。

☆ 白熱のチームプレイ!

全体の3分の2を占める戦闘シーンで、ここぞとばかりに描かれる銃器描写、チームプレイによるアクション、そしてほどよくバカな敵チーム(笑)など、流石と思うシーンがたくさんあるんですが、やっぱり時雨沢先生は作品において、何を見せて何を見せなくて良いのか熟知しているな~と思いました。 例えば敵が実生活で戦闘経験者であるかどうかを、敵側の描写をいれないで、主人公側の視点から見た敵チームの行動で判断させる描写とか、この辺、本家よりも上手いな~って思ってしまいました。
あと本家の方では、どうしても漢字が多かったりして、読みにくいところが、時雨沢先生の『キノの旅』文体と言うべき、独自の文体により、スゲー読みやすくなってて、ココらへんももしかしたら本家超えてね?って思うところでした。
何にせよ、スピンオフというにはちょっと長めな470ページという長さを、全くダレさせずに読ませちゃう時雨沢先生は改めて凄いと思いました。 時雨沢先生の作品を読むの、結構久しぶりだったんですが、ベテランの底力を見せられた、そんな気分です。

総評

主人公の、リアルでは長身で悩んでいるカッコいい系の女の子が、ゲーム内ではちびキャラを演じているというのも意外性があっていいし、今回で作品としてはカタルシスがある作りにしつつ、次回に続く謎もちゃんとあって、読めば読むほど、スキがない作りだな~ってのが本作の感想です。 これは次も読むしか無いでしょう!

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/1320-df8caef5
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。